惜別

DSCN9486

出会いがあれば

別れもあるのがこの世の常ですが・・・

当社とは切っても切り離せないご縁の

パナソニックショールームのチーフリーダーで

専属アテンダントの「川原 望」さん

な、なんと・・・・ついにお別れの日がやってきました

彼女とは10数年来の付き合いで

専属となっても10年以上が経過してました。

いつかはこんな日が来るとは思ってましたが

もちろん「寿退社」という事で

泣く泣く送り出す事と相成りました

DSCN9487

そこで今日は最後のご挨拶という事で

わざわざ当社を訪ねてきてくれました。

随分遠くへ行ってしまうらしいですが・・・・

岡山を離れても応援していますので

持ち前のバイタリティで

新天地でも頑張ってください!

末永くお元気でお幸せに~

DSCN9495

さて、惜別が訪れるのは

なにも人間だけではありません・・・・・

北区は加茂地内

こちらは明日から解体が始まる住宅です。

30年以上家族を支え頑張ってくれた家ですが

ここでお役御免となります。

もちろん建て替えで「新築」となりますが

日本の家の寿命の短さを痛感しますね

諸外国では70年~100年が当たり前の家の寿命が

ここ日本では戦後70年の間に

何度建て替えられれば良いのか?

DSCN9489

経済効果と相まって仕方ないのかもしれませんが

家に関わる販売メーカーさんや我々つくる側も

ホント「人に優しくない」と思います

長く使って長く住まう!

これからの家はもちろんそうでありたいものです・・・・

その小さな一歩が「長期優良住宅」をベースとした

「高性能住宅」なんですがね

未だそれを理解してないつくり手が多いのも事実

惜別するのはそういった「家づくり」の方かも

しれませんね・・・・・・