粛々と・・・・

DSCN0013

あまりお知らせしてませんが

粛々と進行中です・・・・

 

当社のショーハウス

「車寄せのある津島京町の家」

DSCN0010

今日は仕上げ工事の現場打ち合わせ

 

大工さんをはじめ

建具屋さんタイル屋さんそして

インテリアコーディネーターさん

 

そして当社のスタッフ達・・・・

DSCN0004

総勢7名による・・・お祭り騒ぎです

 

もちろんお客様が居ないので

要望はなく、ひたすらバーチャルの世界

DSCN0003

なので建物はいたってシンプルで

車寄せがある以外は床面積34坪とリアル

 

お披露目には実生活も想定しての

身近で現実的なショーハウスとなる事でしょう

DSCN0005

打ち合わせ内容は造作工事・・・

 

造作工事とは

メーカーの既製品を使わない

手造り工事の事を言います

DSCN0006

昔々はそれはそれは当たり前の工事で

大工さんの棟梁を中心に

円滑に行われてきたのですが

DSCN0007

今では良くも悪くも時代の流れか

そうした統括の出来る職人さんが減ってしまい

何時しかそれが

工務店の仕事になってしまいました

DSCN0010

が、そうは云っても

当社では造作工事に力を入れていて

大工さんを中心に未だに円滑に回ってます。

DSCN0012

言うなれば我々は

その補助手伝と言った所でしょうかね

それでも最近は意匠のみならず

パッシブをデザインする事も増えましたので

パッシブデザインについては

積極的に介入しています

DSCN0011

断熱気密は当たり前とし

特に窓のデザインが

省エネに大きく関与してますので

 

昔ながらの「カーテン」だけでなく

断熱性を併せ持つ

ハニカムサーモスクリーンなども

インテリアとして

提案する時代になったという事ですね

DSCN0008

さて、少しだけ建物も紹介

LDK前には軒庇がガッツリ出て

日射取得には少々デメリットもありますが

 

日常の洗濯干しや

室内から続きの屋外デッキが

有効に使えるようしています

1473761357493

が、何といってもの特徴は

雨降りでも濡れずに玄関に入れる

車寄せです。

 

アルミのカーポートが主流ですが

アルミ嫌い?の私の意向と

 

どうせカーポートが必要なら

建物に組み込んでしまえと

1473761343632

カーポート設置をあらかじめ防ぐ?

狙いもあります

 

11月後半にはお披露目できると思います。

「車寄せのある津島京町の家」

宜しくお願いします

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」

暖涼の家ロゴマーク

 

logo02