地震に強い家

DSCN8702

東区は目黒町

 

現場作業に適した時節になり

おめでたく上棟です(祝)

DSCN8705

早朝の作業前にお施主様も来ていただき

 

四方清めにプチ朝礼

の後・・・・・

DSCN8714

颯爽と作業開始です!!

 

朝一は若干肌寒い位になりましたが

屋外作業にはちょうどよく

 

普段より進行が早いです

DSCN8721

お施主さまも進行状況に

驚きを隠せません

 

昼食のお心遣いの後

更に作業は加速し

DSCN8729

確かに作業には適した時節なのですが

日没が早いのが難点で・・・・

 

「釣瓶落とし」と言われるように

日暮れがあっという間にやってきます

DSCN8734

それに負けじと

大工さんたちも更に加速し

なんとか無事屋根まで完成しました

 

途中思いもよらぬ「地震」に見舞われ

残念ながら公務のご主人は職場に・・・・・

DSCN8737

地震時には上棟作業は2階まで組み上げ

垂直を固めていたので全く問題なし

 

事務所からもスタッフ総出で

現場確認しましたがこちらも問題なし

 

やはり「耐震等級3+制震工法」は

伊達ではありません

DSCN8741

今回は地震時の

OB様の声を偶然聞く事も出来

 

「地震は起きてるようだけど

ほとんど揺れを感じなかった」

そうです

DSCN8744

よく、「骨太構造」とか

「地震に強い家」だとか謳ってますが

 

「耐震等級3」でなければ

なんら根拠はありません・・・・

 

「耐震等級3」と言えども

性能規定での簡易計算でしかないので

 

本来は「構造計算」によって

「耐震等級3」が理想でしょうね・・・・

DSCN8750

今後いつ来るか分からない

「災害に強い家」は

最低「耐震等級3」で

なければならないと思います。

 

いくら断熱気密が良くても

地震で壊れては本末転倒ですよね

DSCN8753

さて、そんな「耐震等級3」

+「制震工法」の「おかやま暖涼の家」

 

無事上棟式を終えることが出来ました

DSCN8754

最後にお施主様から感謝のお言葉と

志を頂戴し大工さん達も恐縮気味です

DSCN8758

いつまでも安心安全で

暮らして頂きたい!!我々の願いです!!

 

Sさま本日大変おめでとうございました(祝)

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」

暖涼の家ロゴマーク

 

logo02