自然の摂理

DSCN8967

おかやま暖涼の家

「タイル壁のある家」

 

外構をあと少し残しますが

お引渡しです!(祝)

DSCN8970

おかやま市民マラソンの規制の為

お引渡しにしては異例の早朝開催

 

それでも良いお天気に恵まれ

早朝ではありますが

 

東からの日射熱

ダイレクトゲインもすでに

室内に取得されています

DSCN8971

このように冬には

特に日射取得が重要

 

冬に

日当たりの悪い家は

「寒~っ」ってなります

 

「暖房すればいいじゃん!」ですが

 

暖房に頼りすぎると暖房負荷が増え

要するに光熱費がかさみます

DSCN8974

そこで登場するのが

自然の暖房器具「太陽の日差し」です。

 

機械的な暖房器具より

暖かい日溜まりの方が

気持ちいいに決まってます

 

でも・・・・

日当たり良すぎると

夏暑くなるのでは?

 

もちろん夏の日中に

太陽の日差しが室内に入り込めば

大変暑いです

DSCN8976

しかも・・・・そうなると

「高断熱」の方が・・・

 

より暑い家になってしまいます

 

「じゃぁ・・・どーすりゃ良いの?」

 

冷房をガンガンかけますか?

 

24時間冷房したほうがお得などと言う

間違った考えも最近では多々出てますが

 

どー考えても

24時間冷房より12時間冷房の方が

光熱費がかからないのは当たり前

 

インターネットの普及により

色んな考えが溢れてますが

正しい情報って意外に少ない・・・・

 

だってどれもがケースバイケース

 

時と場合によって異なるからです

DSCN8977

なので皆さんは

一つの意見を真にうけないって事です

 

迷ったらどーぞご相談を・・・・

 

さて、そんな自然に左右される

「住まい」ですが

 

なので尚更「パッシブデザイン」が

重要だと言う事!!

 

自然の摂理には叶いませんからね

 

ましてやここ最近の異常気象にはね

DSCN8980

機械設備に頼りすぎない

 

自然の摂理に逆らわない

 

ほどほどの性能の家が良いと言う事

 

なので当社でも最近は

「高断熱」ってキーワードは

・・・あまり使わない

 

「高気密」は大事ですが

 

天井と一緒で・・・・

断熱も高ければイイって事では無い

 

まぁそれでも

北海道基準位は標準ですがね・・・

DSCN8982

結局、何を持って「高断熱」なのか?

 

数値がどれ位のものを「高断熱」と呼ぶのか?

 

そんな定義なんて何処にも無いんですよ

 

断熱を高くするのは

お金をかければ簡単に出来ますが

「高断熱」だから快適なのかは別問題

 

しかも24時間機械に頼れば

省エネにはなりません・・・・

 

家は人に優しくが一番

省エネでは健康にはならないでしょう?

 

太陽光を乗せて

健康になった人居ます?

DSCN8994

家族の幸せは

快適で健康でそして省エネで暮らせること

 

我々人間も

自然界の一部に過ぎません・・・

 

あまり驕れず

謙虚に過ごしたいものです

DSCN8995

一家団欒でね・・・・

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」

暖涼の家ロゴマーク (2)

 

logo02

 

CHLおかやまロゴ (2)