2016ラストお引渡し~

IMG_9266

船の船体のような大迫力

 

倉敷市上富井に建つ

3世代同居型ゼロエネルギー住宅

本日完成お引渡しです(祝)

DSCN9622

国土交通省の

地域型グリーン化事業

3世代同居型ゼロエネ

DSCN9623

事業名は長いですが・・・

国の政策的には

もっとも注力している事業のようです

DSCN9625

何故ならこれからの住宅は

もちろん高性能であり

住まう方が快適で健康で過ごすべきで

DSCN9626

それでいて個の財産でもある家ですが

実は社会全体の財産と考えられます

DSCN9628

ようするに長く使う事で財となり

 

極端にいえばオーナーが代わっても

住み続けられる

DSCN9632

なので長い年月に耐えられる

高耐久で

高性能な家が求められている訳です

DSCN9635

しかも3世代が住む事が出来れば

どれだけの省エネになるのか・・・?

計り知れないと思います

IMG_9230

そんな将来にわたり

負の遺産にならない家をつくるのが

我々プロ

住宅技術者の使命ではないでしょうか?

IMG_9231

もちろん

安くて高耐久で性能が良いのに

越した事はありませんが・・・・

IMG_9223

なかなか難しのが

現状では無いでしょうか・・・

と云う事は高性能の家は高額なのか?

IMG_9250

いえいえ

決してそうではありません

 

家は単に住宅ローンだけでは

比較検討出来ません・・・

IMG_9249

何故なら生活を始めてからの

メンテナンス費や修繕費

 

そして何より住宅ローンが終わっても

払い続ける光熱費が存在するからです

IMG_9237

結局安く建てた性能の低い家は

後から不経済になり

最後には家計を圧迫する羽目になるのです

IMG_9219

それに健康障害のリスクを加えると

 

安くて性能の低い家は

決して特ではないと云う事・・・・

IMG_9222

性能の低い家を提供する業者は

そのリスクをあらかじめ伝えるべきであり

IMG_9267

そのリスク承知で

それでも性能の低い家を建てるなら

それはそれで良いのではないでしょうか

IMG_9277

本当にお客さまの事を考えると

性能の低い家を

建てるべきではありませんが

 

未だ未熟な知識と技術で

営業に特化した住宅会社が多いのも

残念ながら事実です。

 

・・・・少々熱くなりました

 

3世代が暮らす

ゼロエネおかやま暖涼の家

 

Tさま御家族皆さま

本日大変おめでとうございました(祝)

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」

暖涼の家ロゴマーク

 

1985ロゴ

 

CHLおかやまロゴ (3)