力を合わせて

少々大げさかも知れませんが

 

我が国日本は先進国でありながら

少子高齢化に爆進中なのであります

 

そんな折

救世主として増え始めたのが

高度経済成長期の「核家族化」に相反する

「世代間同居型家族」

この度も引き渡しを行った

北区は尾上Hさま宅も

・・・・もれなく3世代同居型住宅

 

経済が伸び続けてた時代は

将来の事をあまり考えなくても

良かったかも知れませんが

これからの時代

人と人とのつながりが希薄になりがち

 

そこでせめて身内だけでも

助け合いながら豊かに暮らす為にも

同居型住宅・・・・トレンドです

しかもパッシブデザインを

取り入れることで

 

大勢で快適、健康、省エネが実現できる

 

これって・・・・かな~り

素晴らしいと思いません?

しかも太陽光発電システム搭載で

3世代同居型ゼロエネルギー住宅

 

「小さなエネルギーで豊かに暮らす」

まさに当社が求める理想の家なのであります

 

では、恒例のお宅訪問・・・・・

ともかく

3世代同居という事もあり

広い!大きいです!!

LDKから南側に並びで

3室が連なっています

キッチンは

な、なんと長さ3m

切り子ガラスを使ったペンダントは

日本の伝統工芸を踏襲した純国産です

玄関脇にゲスト用洗面を配し

お手洗いを含めた、これまた

切り子ガラスのペンダントが映えます

一般部分と異なる主寝室は

親御さんのリクエストによる

高級カリン材の床板

2F寝室にも珍しく畳床を採用

欧州の壁紙はお施主さま持ち込み

ワンポイントで美しいですね~

他にもフローラガラスによる

らんまからの採光確保

残念ながら本日間に合いませんでしたが

こちら和室ゲストルームの丸窓は

ステンドグラスを挿入

和室の押し入れフスマ扉も

取っ手をデザインしてみました

洗面のタイルも

切り子の照明と合わせて

こちらもお施主様のチョイス

家ってこうして

お施主さまと協力して造り上げるもの

 

家づくりの工事段階においても同じで

 

しかも入居後はご家族皆さんが

力を合わせて暮らす「器」

今更ですがやっぱり

皆で「力を合わせた」家づくりが

大切だという事ですね~

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」