最低限でイイ?

基本・・・・

物売り営業は申し訳ないが

お断りしている当社・・・・

 

代わりに・・・

提案型の話なら

大いに聞く耳はあります

 

そんな中やってきたのが

イケダコーポレーションの

所長代理 田畑さん

 

変顔でアピールしてますが

話を聞けばなかなかどうして

共感できる事が多々有り

 

最近の提案の中では・・・合格!です

良いご縁になれば幸いですね

さて本日は平日にも関わらず

お客さまのご来社(感謝)

 

小さなお子さまがいらっしゃると言う事で

ショーハウスでのレクチャーとなりました

まぁ当社に来ていただくお客さまですから

 

ある程度は性能に関心がある方がほとんど

でも以外に私の口からは

性能の話はあまり出ません・・・

 

だって家の性能って

当たり前になりましたからね

なのでなんだか

当たり前の事を声高らかに言うのも

・・・・なんなんで

 

あまり話さなくなった

今日この頃です

それ以上に

お客さまがしっかり勉強されて

 

基本知識を持たれてる方が

増えたって事でしょう

このように住宅業界では

少しずつですが品質の底上げが進んでいて

 

2020年になれば

なんとか最低限の担保はできそうです

でも、ここで気を付けないといけないのは

最低限で良いのか?って事です

 

最低限で言うと

とりあえず健康を害さない程度

とりあえず災害時に命が守れる程度

・・・・

その程度でしかありません

そんな状態で果たして

「快適」「健康」「省エネ」の

暮らしができるのか?・・・です

 

自身を守り家族を守り

健康な子供たちを育てたい方は

 

最低限では

役不足のようでなりません

 

住宅の性能は確かに

お金をかければ高める事は出来ます。

でもそれって

手間隙かけたとか

材料費が高いとか

で、決まってしまいます

 

そこまでお金をかけなくても

「快適」「健康」「省エネ」で

暮らす方法ってあるんですけどね・・・・

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」