塗り壁・・・

塗り壁と云えば・・・

ゲゲゲの鬼太郎位しか思い浮かばない

 

そんな昨今・・・・

粛々と進んでいます

社屋新築工事

 

そんな「鬼太郎塗り壁」を施工中です

塗り壁と云えば左官職人さん

 

そう相場は決まってたのですが

 

塗り壁工事の減った今現在

希少な作業の一つとなったよーです

良くも悪くも

 

家の工業化と共に

あらゆる職種で合理化の名のもと

 

画一的で便利で容易な上

しかも早く使える資材が横行し

職人の「腕」技術は

みるみるうちに衰退して行きました

 

最終的には3日ほど訓練すれば

 

誰もが大工だ左官だと言えなくもない

名前だけ職人の輩が

増えてしまったのです

特に今風の仕事といえば

「リペア」=補修屋という職種もあり

 

家をつくる過程で今まで自己責任で

補ってきた職人さんたちの「手直し」も

 

とうとう分業化され

責任を取らなくても良いまで

来てしまいました・・・・

なので・・・

たまに本格的な「技」を求めれば

 

「上手く出来なかったり」

 

「初めから断念したり」

 

酷い輩になると

「知らなかったり」・・・・

 

とにかく情けなく

危機感を感じるのであります

だからという訳ではないですが

 

当社ではわざわざ・・・・

昔を踏襲した

「わざわざの技」を手掛けます

まっ、賛否両論ありますが

技術を残す事と

形を残す事と

 

そして新たに若手に挑戦してもらい

腕を磨く事に

なんとなく思い入れがあります

「非合理的」だと言われるでしょうが

先人の「技」を少しでも

残せることが出来たらと思うのであります

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」