現場にGO!

完成間近の倉敷市は

「パッシブキューブデザインの家」

 

以前・・・・

 

屋根のないキューブ型でも

パッシブデザインは可能って

お話しをしたと思います

 

そんな個性的な家も

いよいよフィニッシュです

 

やはり最後に取り付けるのは

人もそうですが「装飾部材」

じゃ~んと!

当社でも採用率の高い

「縦格子」です!!

 

最近はカッコ良く

「ルーバー」とも言いますが

 

個人的には・・・・

ルーバーは羽なので

もう少し厚みの薄いものなら

ルーバーって呼んで良いかなと・・・・

なので当社で施工するものは

「縦格子」がふさわしと思います

 

目隠しになり

それでいて風や光を通すことのできる

日本古来の優れた意匠飾り

 

素晴らしい先人の知恵ですね

 

こうして最後の

「装飾」を終えた建物

 

カッコイイ~ですね~

さて、お次もキューブ型の家のご紹介です

 

北区は津高に建築中の

「シンプルライフなパッシブデザインの家」

 

構造にご興味のあるお客様が

見学に来場されましたよ(感謝)

構造といえばもちろん「骨組み」

 

当社の場合は

完成すると見えなくなる

土台・柱ですが

 

県産材の「美作桧」を標準にしています

 

しかも無垢の柱なのに

JAS認定を取得したブランド柱

「乾太郎」を標準採用

 

集成材の柱より

確かに価格は少々はりますが

 

家の根幹になる構造ですから

妥協しません!

 

もちろん許容応力度計算を使った

耐震等級3+制震工法です

そしてもう一つ

 

構造見学で見逃してはならないのが

「断熱」です

 

家のすみずみまで

きちんと断熱材が納まってるのか?

又、気密がきちんと確保出来てるのか?

 

もちろん「気密測定」は必須!!

 

目で見て、五感で空気感を感じて

 

是非是非みなさんの家づくりに

役立てていただきたいと

思うのであります

 

現場に行けば

その会社の技術力が分かります

 

いらっしゃ~い!!

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」