現場第一主義

家づくりを始めたばかりの方に

共通してるのが「家を見る行為」

 

展示場や現場見学会

モデルハウス等々・・・・

 

別段「見る行為」自体には

問題はありませんが

 

多くの情報が「視覚」からのみ

入るのは問題です

何故なら多くの住宅会社が

現場で家を造ってるからです

 

現場で家を造るのは当たり前?

だと思われるでしょうが・・・・

 

いえいえ実は

ハウスメーカーさんは

家は工場で造ってます

 

よってメーカー以外の住宅会社は

現場での作業一つで

家の良し悪しが決まっているという事です

故に家づくりの良し悪しは

現場での作業に左右され

 

特に住宅は・・・・

 

大工さんの腕により

そのすべてが決まると云っても

過言ではありません・・・

 

当社ではその家の要になる

腕の良い大工さんを死守すべく

様々な試みを行っています

 

その一つが技術伝承

 

当たり前かもしれませんが

若い大工さんを育てるのも

我々住宅屋の仕事!!

 

明るい未来の為に・・・・

さてそんな現場にて

ご存知「気密測定」の実施です

 

家の気密の大切さは

家の勉強を始めると直ぐ

お分かりかと思いますが

 

それでも「気密測定」を実施している

住宅屋は少数・・・・

「気密測定」とは?

 

家の隙間をなるべく無くし

 

室内での外的要因の影響を極力少なくし

 

換気、空調を少ないエネルギーで

最大限に利用する為に必要な検査

この度の測定結果C値は0.27

 

社内基準C値0.3以下なので

一発合格です!!

 

こうした「高気密住宅」ですが実は・・・・

現場の大工さんの腕により数値が決まります

もちろん建物の形状や

開口部の影響もありますが・・・・

 

ほとんどほぼ・・・・

大工さんの腕だと云っても

過言ではありません

このように「高性能住宅」は

現場第一主義により造られています

 

どんなに営業上手なスーパ営業マンでも

実際・・・家は造りませんからね

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」