現場第一主義

台風一過とはよく言ったもので

快晴の中現場打ち合わせです

先日気密測定を実施した

南区は東畦現場

気密測定開始以来

当社で最高数値のC値0.14を記録!!

隙間数値C値については

間取りや建物形状に影響を受けますが

 

それらを除いても

ここ最近の数値は上向き傾向です

会社のラインの速報でも

驚きを隠せず・・・

 

思わず発信してしまいました

 

そして本日現場打ち合わせ

実際の所・・・・

お施主さまを交えての現場打ち合わせは

とっても重要

なれど・・・・

意外に実施されて無いのも実情

 

ましてや立ち合い気密測定など

もってのほか

 

だって思うような数値が出なかったら

・・・・どーします?

現場の施工精度は正直です

 

どんなに営業トークが優れていても

 

どんなに見た目を繕うことが出来ても

 

数値は嘘はつけません・・・・・

工場生産の工業化住宅以外は

今でも現場で

人の手により造られています

 

なので・・・・

造られる家は現場の作業員の

「腕」に掛かっています

 

当然安い家には

安い賃金の作業員が携わり

 

それなりの家には

それなりの賃金の作業員が関わります

 

これ世の常・・・

当たり前の事ですよね

安い家を全否定するつもりはありませんが

賃金の安い作業員が造る家がどうなのかは

皆さんも簡単に想像できる事でしょう

 

これからも

現場作業にこだわる「近藤建設興業」

現場第一主義で造り続けます!!

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」