2020年問題?・・・

10月3日のブログにて・・・・

 

「DAVINCI HAUS」さんは

又明日改めて紹介するとして

 

と、云ったまま・・・・

 

2週間が経過しようとしてました

今更ですが・・・・

随分お待たせしました

 

ダルムシュタット~フランクフルト

ドイツ土産話最終章です

 

以前もお話ししたように

ドイツも日本と同じように

 

2020年

断熱基準改正を控えています

日本も同じですが

すでにポピュラーな話なので

 

今現在

家をお建ての皆さんは

 

断熱については2020年基準に

している事と思います

もちろん義務化は

2020年に違いないですが

 

だからと云って

 

今建てる家をその仕様にしないのは

いかがなものかと思うのであります

 

が・・・・残念ながら

今現在は法の内ですから

 

断熱を2020年基準にしなくても

おとがめなしで違法ではありません

なので・・・・

悲しいかな

 

ご存じない方や

業者にリクエストをしない方達は

 

今現在でも

普通の断熱の家を建ててるのが現状です

 

でも2020年すぐそこ・・・・

何だかおかしくありません?

ましてや

法律とか基準とか義務化とは

誰でも可能な事柄を云い

 

そうした最低基準をクリアすれば

快適な家になるかは全くの別物

 

そう考えるのが

妥当だと思うのであります

よってこれから家を建てる方は

日本の2020年基準は単なる通過点で

 

実際快適健康に暮らしたいなら・・・・

 

かなり基準より上のレベルで

 

断熱性能を採用しないと

いけない事に気が付くと思います

はい・・・・・

そんなドイツの断熱基準は

 

2020年より最強化され

大幅な見直しがなされるようです

 

因みにこれらドイツ基準は

国が定めてる訳ではなく

 

民間での取り組みだと言うから

 

・・・・素晴らしくもあり

末・・・・・恐ろしい

これ以上

CO2排出を続ける事は出来ない

我々にとって・・・・

 

これらのドイツ基準は

大きな目標になるのではないでしょうか?

20年程度遅れ劣ってる日本の家・・・・

 

かと言って・・・・・

もちろんドイツに追いつく事は出来ないし

それはそれで追いつく必要も無いが

それでも我が国日本でも・・・

 

せめて住まう人が

小さなエネルギーで快適・健康に

暮らすことが出来る家を

 

提供しようじゃありませんか~

 

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」