IoT住宅?

なごや~ナゴヤ~名古屋~って

名古屋駅です

JR東海道本線にて着いたのは

稲沢駅・・・・

お出迎えのバスには

「ZEH推進協議会」の名が・・・・

実はZEH協として

 

国交省から採択された

サステナブル建築物等先導事業のキックオフで

 

本日全国から愛知県に強者工務店が集結

今回採択されたのは

IoTを使った先導的取り組みに対する

補助事業・・・・

IoT????

 

まずはIoTとは?

インターネットを使った

エアコンやインターホン

宅配BOXなどに

直接通信機能を付け

 

自動認識や制御

はたまた遠隔操作が

出来るシステムの事

当初は温湿度管理や

 

日射遮へいの為の

外付けブラインドも

自動制御も申請したのですが・・・

 

そこは却下

まずは実現可能な

現在の技術を使い実邸を建てて

 

そこからのデータ収集の上で

解析分析して次につなげる

ZEHと云えば

経産省の補助事業なのですが

 

国交省さんはそんなZEH協の事業を

採択してくれたのも・・・

 

そんな思惑が

あるのかも知れませんね

 

それでも器の大きさ?に

・・・・感謝です

見学会場は

名古屋市の親和建設さんのモデルハウス

補助事業は9月末に採択されたのですが

なんとすでにモデルを建築中だったとか

驚きの最先端を走る

スーパー工務店さんです

ご覧いただいてるのが

エアコンやTVのキャッチアイ

 

所謂センサーです

IoTはもちろんですが

他にも展示場らしい

様々な仕掛けもあり

温熱についても最近になり

本腰を入れられたそうで・・・・

 

有ったら良いな的な斬新な仕掛けも

沢山見受けられました

場所を移し座学もバッチリ

 

現在全国26社で立ち上げた

ZEH協の先導事業ですが

 

ZEH登録社数は全国で

6000社超になります・・・・

 

今後の日本の住宅の底上げに

ZEH推進協議会への加入が欠かせません

家を建てる人を・・・

いや日本を・・・世界を救うのは

地元の工務店ではないでしょうか

・・・・・ね

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」