その道・・・・

今月初旬お引き渡しました

「薪ストーブのあるおかやま暖涼の家」

 

お引越し後落ち着いた処で

・・・・表敬訪問

お施主様は私よりはお若いが

ミドルエイジ・・・・

 

よってお子様も成人間近の

学生さんがいらっしゃいます

 

実はそんな子供さんが

書に通じていて

 

「表札」から

室内の「設え」に至るまで

 

云い方は・・・・

間違ってるかも知れませんが

 

「書」の腕を

いかんなく発揮され

 

インテリアとして活用されています

トリミングは

させていただきましたが

 

ご覧の門廻りも

「表札」を実際に描いて頂き

 

それを切り文字として

形にして完成形としました

 

屋外の外構工事も

当社によりプロデュースしましたので

 

中々のワクワク系外構?

ではないでしょうか

ご覧いただいてるのは

浴室の窓から見える屋外庭園・・・

 

屋外の庭の高さを持ち上げて

 

バスタブに体を委ねながらも

屋外の庭が見えるよう

工夫しています

さて

玄関に入るといきなり出迎えるのが

こちらの「書」

 

玄関らしく「笑門来福」の文字が

訪問するお客さまを優しく迎えます

 

屋外に負けじと

室内にも沢山のこだわりが・・・

先ずは・・・・

天井から吊るされた「ハンモック」

 

設計当初から伺っていましたので

強度確保の為天井をくり抜き

 

一点吊りの見事なハンモックが

取り付けられましたよ

そして、なんといっても

建物の主題にもなってます

 

「薪ストーブ」

 

今冬初めて?・・・・いや

 

いずれにせよ初めての火入れ

 

炎を眺めながらの「暖」は

何とも言えず

 

珠玉の時ではないでしょうかね

もちろんそれだけではない

こだわりの室内

 

前にも紹介しました

オーダーキッチン

 

今回は

キッチンハウスさんにお願いし

 

お施主さまのこだわりを実現

 

よって

世界で一つだけのキッチンが

出来上がりました

 

LDKの様子を

ご覧いただきましたが・・・・

 

奥の方に見えるのも

やはり「書」

眺めているうち

その書体の美しさに

感心すると共に

 

書かれているその内容に

 

何故か自己嫌悪を

感じてしまうのは

 

・・・私だけでしょうか?

 

書を見て語る前に

己を正せ!と

 

云われてるようでならない

今日この頃で・・・・あります

 

「その道」を

極める事の大切さを

 

改めて教えていただいた

貴重な体験となりました

 

お施主のKさま

恐れ入り奉ります

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」