実測と現実

第19回chlおかやま定例会の開催です

 

chlおかやまとは?

 

come HOUSE-laboの略で

省エネ住宅をつくる為の研究所

 

所謂省エネ住宅を手掛ける

工務店の集まりの会のネーミングです

いつもは自力で個々のスキルUPや

家庭の省エネの普及促進の為

刺激しあってますが・・・

 

本日は我らの師

野池先生を迎えてのワークショップ

「温湿度・エネルギー実測と分析」

について学びました

家庭の省エネの為

新築住宅には日々

パッシブをデザインしている

我々ですが・・・

 

建てる前の温湿度のシミュレーションは

バッチリ行っていますが・・・

 

以外に・・・

建てた後の実測はもう少し

そこで今回はその王道の実測方法に

 

それよりも大事な

実測値の分析についての深堀

 

今まで・・・

なんとなくで行っていた「実測分析」

 

本日はその神髄を学ぶことにより

 

また一歩前に進めた

そんな大変有意義な定例会となりました

現在国の住宅の断熱基準はUA値

平均のアベレージを謳っています

 

よって同じ性能数値の家なら

住んでみての快適性が異なっても

同じ扱いとなります

 

数値は同じでも

住んでみての快適性が異なるって

・・・・おかしくないですか?

それらの不適解が起こるのは

全てが設計者の知識技術不足

 

今後も

住むほどに快適な暮らしが出来るよう

 

実測と現実が同じになる技術と知識を学び

最適解を追求し精進して参ります

 

引き続きよろしくお願いします

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」