闘魂注入!!

久しぶりの大きな会場で研修です

研修といってもしゃべるのは・・・私

 

そ〜なんです

中四国のSWビルダーズファミリーを対象に

「パッシブデザイン設計ルール」を闘魂注入!!

我々SW(スーパーウォール)会は

断熱材とサッシは同じものを使った

云わば「工法」が同じ工務店の集まりです

 

その為様々な事が共有でき

自画自賛で恐縮ですが国策にも強い

云わばトップランナー集団です

ここ最近知名度も上がり

お客様の御用命を受けることも増え

良いことばかりのように思えますが・・・

 

ところが知名度が上がれば上がるほど

お客様の「SWの家」に対する目も

当然ながら厳しくなります

今後SW工法を

ナショナルブランドにする為に

 

そんな厳しい目で検討していただいても

「SWの家」は素晴らしい家だと

感じて、そして言っていただく為にも

 

設計技術をUPさせようと

この度の研修に至った訳です

実はいくら「工法」が同じであっても

残念ながら・・・すべての家が

住んでみて「快適」になるとは限りません

 

家って実は・・・

同じ材料を使っても千差万別

もちろん性能も異なってしまうのです

それは何故か?と言いますと、実は・・・

設計によってその性能や快適性が異なってるのです

 

「そんなバカな・・・?」とお思いでしょうが

ホントの事です・・・

 

だからそうならないように

ハウスメーカーさんたちは

 

「規格型の家」を量産し

ばらつきを無くす仕組みをとってるのです

 

もちろん我々はハウスメーカーでも

ありませんし・・・

「規格型の家」が嫌だから

お客様に選んでもらってるのも事実

なので「設計実務者」を対象に

 

ホントに快適で健康で省エネな家を

設計するために

「パッシブデザイン設計ルール」を設けました

 

「パッシブデザイン設計」は

すべての家の最上位に位置する家が

地域別に設計できる優れた技術手法

 

しかも・・・

「パッシブデザイン」はタダ・・・?

機械設備ではないので費用は発生しません

 

そうした家こそ

我々地場の工務店がつくるべき!!

 

今後もお客さまを守る為

地域の環境を守るた為

闘魂注入しますよ!!

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」