太陽光は有?無?

今日は久しぶりの九州は博多

早朝の🚅・・・・目をこすりながら乗車です

向かったのは博多のLIXILさん

単に会場だという事で深い意味はありません

はるばる出向いたのはこちら・・・・

ZEH推進協議会(以下ZEH協)主催の

「LCCM住宅先導プロジェクト」説明会です

まずはZEH協とは?

ゼロエネルギーハウスを手掛ける

全国の工務店の精鋭で組織した集まり

 

云わば日本の最先端の住宅をつくる

トップランナーの集まりという事です

そこで開催された

「LCCM住宅先導プロジェクト」とは???

 

ライフサイクルカーボンマイナスの略でLCCM

 

建設時、居住時、廃棄時のすべてで

CO2排出量をマイナスとする住宅の事で

 

国が目指している2030年時で既築を合わせて

全ての住宅が平均でゼロエネルギーになる為の

礎になる最上位の住宅になります

もちろんその際の

創エネ設備は今の所「太陽光発電」となります

 

が、しかしここに来て太陽光の買取価格が下がり

 

来年10月には固定買い取り制度の終わる

初めての消費者も現れ・・・・

 

以前のように

太陽光を乗せるメリットを感じてもらえないのか

残念ながら搭載率が減って来ています

そこで今後・・・

太陽光は必要なのか?そうでないのか?議論が

改めて始まりそうな・・・そんな感じです

 

でも皆さん!!

今現在国の推進するZEH(ゼロエネルギーハウス)は

皆さんが日頃使用する「調理器」「家電」の

消費エネルギーは含まれていません・・・

 

という事は名前はZEH(ゼロエネルギーハウス)ですが

実際はゼロになっていないという事なんです

 

なので我々の老後の為 子供達の将来の為

そして孫たちの未来の為に

 

今の所太陽光発電は必要なのであります

 

今後も何かと話題になるであろうLCCM住宅

太陽光発電と共に必要か否か

 

しっかり考え

見極めて行かないといけませんね

 

パッシブデザイン「おかまや暖涼の家」