図・現・暮 一致

chlおかやま定例会です

 

come HOUSE-laboの頭文字をとった

chl・・・

家の研究所って云う意味です

chlおかやまはご存知

1985省エネアドバイザー拠点の

仲間たちによって組織された集まりで

 

残念ながら入会には

1985省エネアドバザー拠点の登録が

義務付けられています

簡単に云えば・・・

どこの工務店でも入会できるのか?と

云えば・・・なのです

 

そんな・・・

ある一定以上のスキルを持った仲間で

毎月こうして勉強会を開催している訳です

20回目を迎えた本日は

家の温湿度と電力消費量の実測データを

持ち寄っての分析解析を行いました

家を建てたり改修したりする際に

まずは図面をつくりますよね・・・

 

その図面と現場を合わせて工事を行います

 

ここまでが「図」「現」の一致

そして最終系は

工事前に行ったシミュレーション数値と

 

工事後に家がその数値になっているのか?の

検証が重要になってきます

そうなんです・・・

暮らした際の「暮」が最重要と云う事

 

これが一連の

「図」「現」「暮」の一致と云います

残念ながら住宅業界は

建てるまでは一生懸命・・・・

 

中には・・・

 

建てる前の営業が一生懸命の所もあり

 

その後の「結果を知ろうとしない」

変な風潮があります

でも・・・どう考えてみても

 

自分がつくった家の

実際の暮らしのデータを知らないのは

おかしいと思いません?

 

それは単につくっただけであって

 

本当にお客さまの為には

なっていないと云う事なんです

そこで我々は

「図」「現」「暮」一致を目指し

建てた後のデータを実測しているのです

 

しかも実測だけではなく

その数値の分析解析が最重要

 

結果にコミットして

暮らしのコンサルティングでありたい

 

まだまだ日々勉強です

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」