災害に強い家

経験した事の無い激雨

平和な岡山でも

色々な所で色々な事が起きているようです

 

こんな天気でも

パナソニックショールームは

通常営業中・・・お客様のご来場です

地球温暖化により異常気象が起き

温暖化なのに冬寒くなったり

自然災害が増えているようです・・・・

 

な・の・で

これから建てる家はズバリ!!

「災害に強い家」

 

では「災害に強い家」とは

どんな家なのか?

当然、家自体の自力が高い事

 

「耐震」「制震」「気密」「断熱」

いずれもいつも私が

お勧めしているスペック

 

そしてライフラインが寸断されたとき

ある程度の自給自足が可能な事です

 

「太陽光発電」であったり

「蓄電池」であったり

「エコキュート」等々・・・

 

途方に暮れることなく

一時期やり過ごすこともできます

そして被災後の復旧も容易で速い事も

「災害に強い家」の要件になります

 

具体的に云えば

まずは最低「長期優良住宅」

 

構造的な基礎の高さや耐震性

持続可能な素材を有し

 

維持管理的な床下の高さや

点検のし易さなどの

復旧時の容易さも兼ね備えています

当社の「おかやま暖涼の家」は

長期優良住宅標準

 

本日お越しのお客さまも

もちろん「おかやま暖涼の家」

 

安心安全の「災害に強い家」です・・・

 

「天災は忘れた頃にやって来る」は

昔の話・・・

 

今現在は常に備える事が大切ですね

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」