夏休みの課題?

孫たちは夏休み・・・

 

私の休みに

連れて行って欲しいと懇願され

まずは・・・モスバーガー

いえいえ・・・

向かった先は県立美術館

 

神奈川県のポーラ美術館が岡山にて

「モネ、ルノワール、ピカソ」の

油彩画展覧会を開催中で・・・

孫1号にとっては

「夏休みの課題」になるらしい

 

個人的には絵心は全く無く

興味が無い訳ではありませんが

まぁ孫の為にと一肌脱ぎました

中一の孫1号はすっかりオッサン

真面目に説明文を読みメモ等取り

夏休みの課題をこなしていました

ピカソは撮影禁止でしたが

ルノアールはOK

私でも知っている「レース帽子の少女」

繊細な綿のような筆のタッチ?は

美しかったですね~

所謂当時の「印象派」って云うジャンルから

その後を経て「現代派」に至るその様子が

時系列で展示してあり素人の私でも

分かりやすかったですね

かの有名な「ピカソ」でも

当時は印象派の作風で

 

現代風になったのは

その後だったらしいですね

絵画の世界でも建築の世界でも

その時々の流行りが有るように

様々な時代背景の影響で

随分後から評価される事も

多々あったようです・・・

と、云う事は建築の世界でも

ず~と後に評価を受ける事も

有るかも?・・・知れませんね

 

但し我々が手掛けるのはあくまでも「住宅」

一個人の「住宅」が後世に評価を受けても

それは遅くて・・・

住まう方に住んでる間に

評価を受けないといけませんからね

 

住宅は「作品」でも無く「絵画」でも無く

もちろん「芸術品」とは違うと云う事

 

ともかく夏休みの課題

 

たまには芸術に触れるのも

良い経験ですね・・・

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」