施工者のわがまま

完成前の外構工事の打ち合わせ

先日もご紹介しました

ガレージ棟と住居棟に

渡り廊下で繋がる大邸宅です

ガレージ棟はもちろんビルトインガレージ

車両3台と自転車諸々収納できる大空間です

スライディングシャッターは木目調

高級感が溢れてますね~

ガレージ棟にはシアタールーム完備

墨色の壁紙はシックで且つ和モダン風

別途ホームシアター業者さんが

プロジェクターをセットします

もちろん暗くないといけませんので

映画館並みに様々な工夫が施されています

渡り廊下で雨の時も

濡れることなく移動できる住居棟

少しご紹介を・・・

広々玄関にはストーンタイルに

間接照明で演出しゲストを迎えます

先日もご紹介したクンストタイル

素焼きのタイルに

太目地でかき落とし仕上げとすれば・・・

こんなにモダンな仕上がりとなり

やはり一工夫ひと手間掛けた仕事は

美しいですね~

職人さん達も

仕上げ作業に懸命に取り組んでいますよ

吹き抜けに設けた住居棟のシンボルになる

見上げるようなタイル壁は私の提案です

確かに・・・

何も意味のない壁なのかも知れませんが

ここは所謂建築士の私のわがままを

聞き入れてもらった箇所です

 

時には施工者のわがままも

良かったりするんですよ

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」