地域に根差す

瀬戸内市邑久町百田は某所・・・

地名の通り田園が広がります

そんな気持ち良い場所を

造成して終の棲家とします

この上ない至福の暮らしが

想像できますね~

ここ最近・・・

新築計画に造成を伴う工事が多く

渋滞?を起こしていましたが・・・

ここに来てやっと

 

解き放たれたかのように

いずれも造成からの

地鎮祭が執り行われています

私も出身が元々吉備中央町

生まれた時から田園や山

そして川に囲まれて育ちました

その甲斐あって・・・

一般の人より周辺の自然を感じる事は

優れているように思えます

現在の当社のスタイル

「パッシブデザイン」も

必然だったかもしれませんね

動くことのできない

まさにパッシブな「家」に対して

 

その周りにあるアクティブな動くものを

上手に取り入れたり・・・

 

取り入れなかったり・・・する

家のデザインが「パッシブデザイン」

そこには奥深い先人たちの知識と経験が

生かされているのでしょうね

 

因みに

挨拶回りも・・・広くて遠いっ!

我々の姿も霞んでいます・・・

今現在我々は・・・異常気象による

自然の驚異にさらされています

 

そんな時だからこそ改めて

「パッシブデザイン」が重要なのでは

無いでしょうか・・・?

 

「パッシブデザイン」は

地域の工務店しか

成し得る事が出来ません

 

全国一律の家を工場生産する

大手ハウスメーカーでは無理なのです

 

今一度

地域に即した高性能な家を

考え直す時が来ていると云う事です

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」