結果にコミット

すでに忘れかけてますが・・・

今夏は暑かったですね~

 

快適で健康で省エネな家をつくるのは

既に当たり前で・・・

 

その結果・・・所謂

建てた後の家の実測を行い

 

その結果にコミットするのが

真の工務店の姿だと思います

そこで7月にお引き渡した

北区は某所のRさま宅

 

お引き渡し後から

データロガー(温湿度を計測し記憶する機器)を

設置させていただき

 

今夏の室内の

温湿度を計測させて頂きました

 

 

ご紹介するのは7月24日のデータ

 

外気温が気象庁の計測で

16時の時点で外気温37.6℃

 

良く仲間内からは・・・

「近藤はマニアックだ」とか

「温熱オタク」だとか云われますが

 

気象庁のデータをこよなく愛する

普通のオッサンです

 

気象庁のデータが37.6℃と云う事は

明らかに体感は40℃を超えています

 

のど元過ぎれば・・・では無いですが

ホント暑かった夏でしたね~

 

このように建てた家の温湿度を実測し

データ化し解析分析の上

 

お客様に考察としてその内容をお伝えします

この度は弊社のクセのある男に

その役割を託しましたが

 

実測をデータ分析する事で

色んな事が見えて来て

 

お客様に

最適な暮らし方提案が出来ると云う

 

弊社の目指す

「暮らしコンシェルジュ」の姿が

まさにこれだと思うのであります

 

データを深く考察することにより

エアコンのON OFFの時間帯や

窓明けのタイミングまで量る事が出来

 

なので

家を建てた後の結果を知らないなんて

住宅屋の風上にも置けませんよね

先ほどの温湿度実測と分析解析は

建てた後の家の結果を知る事で重要ですが

 

今回は3か月点検での訪問でしたから

もちろん床下を始め

様々な箇所を見させていただきましたよ

良い家を建てるのは

住宅屋なので最低限当たり前

 

今後は建てた後の家の

結果にコミットできる住宅屋が

真の地域の工務店となり得る存在です

家を建てる皆さんは

建てる前から結果にコミットした家に

なっていますか?

 

そうでないなら・・・

 

一度立ち止まって考え直した方が

良いかも知れませんよ

 

家づくりは・・・

結果にコミットした先に

依頼しましょう・・・ね

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」