祝!!復興上棟

晴天に恵まれた

いつもの上棟の様子・・・

 

しかしいつもと異なるのは

倉敷市真備町にての上棟だと云う事

私も住宅に携わり37年が経過しました・・・

 

そんな37年間でも家を2軒建てた方は

数えるくらい・・・

 

しかもこの度のような災害による

建て替えは非常に珍しく稀です。

今現在・・・

真備町の人口の4割が

町外に転出しているそうで

 

それでも店舗などが

少しずつですが営業を再開したり

明るい兆しも見えて来ました

進行形で・・・真備町内で

改修中の現場も有ったり

 

以前もお話ししましたが

娘婿の実家とご兄弟の家も

水没しましたので

今現在でもそんな状況ですから

 

この度の上棟には感慨深いものがあり

何だか手放しに喜べない感も有りました・・・

それでもこうして

復興に向けてスタートを切った

お施主様のような方も居て・・・

遠慮したり萎縮したりするよりも

 

地元の為にもお祝い事ですから

賑やかにしても構わないかな?と

思ったのであります。

自然災害とは?

 

ホントに注意も意識もしていない

場所や時間に発生して

甚大な被害を起こしたりしますが・・・

 

元をただせば

 

我々人間が好き勝手な暮らし方を選んだ

その罰なのかも知れませんね・・・

本日の前向きなお祝いの上棟では

大工さんだけの餅まきが行われました

上棟式後の引き出物も沢山のご厚意を頂戴し

誠にありがとうございました(感謝)

今日のこの上棟が

少しでも復興のきっかけや

復興のお役に立てれば幸いです

 

「がんばろう真備」

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」