中四国SW会パッシブデザイン設計コンペin山口

お題が長い!・・・スミマセン

 

昨日に引き続き

中四国SW会合同総会in山口は

 

性能向上委員会による

パッシブデザイン設計コンペの

上位入賞者の発表と

ディスカッションを行いました

合同総会が始まり20時間を終えて

やっと私の出番・・・少しですが

 

仕方ありません

今回は中四国ブロックの総会なので

 

私はと云えば・・・全国を

まとめる役割を仰せつかってますので

 

各ブロックはブロック委員長に

一任しているのです

弊社からは

設計補助の神崎が選出されましたので

もれなく発表

 

初めての人前での発表に

しどろもどろの彼でしたが

 

あえて手助けも事前アドバイスもせず

日頃のありのままでトライさせました

結果はどうあれ

今回のチャレンジが少しでも

成長につながれば良いかなと

思うので有ります

 

誰しも初めから話せる人は居なくて

沢山の経験を積んで今日に至ってますので

引き続き有料セミナー並みの

パネルディスカッション

 

入賞者と我々審査員に分かれての

ディスカッションです

日頃から

口を酸っぱくして伝えている

「η値」(イータ)値

 

パッシブデザインで

最も重要だと云っても

過言ではない数値がη(イータ)値

 

日射熱取得率の事で

 

夏に大きければ熱くなり

冬に小さければ寒くなる

 

云わば・・・

パッシブデザインの要となる数値です

時代が変わり環境が変わるごとに

必然的に重要な数値は異なり進化します

 

今の時代

断熱は市販品なのである程度性能は

コミットできる所に来ましたが・・・

 

設計手法のη(イータ)値は

設計者の腕にゆだねられ

その存在すらまだまだです・・・

 

しかし!パッシブデザインには

η(イータ)値は最重要

 

皆さんも今後設計を依頼した際には

η(イータ)値に注目してくださいね

 

熱く燃えたあっという間の二日間

炎を絶やすことなく突き進みます!!

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」