太陽のおかげ

気温は低くなりましたが

快晴の良い天気ですね

 

スタジオや弊社のOBさま宅は

この時期はたっぷりの日射取得で

 

日中はしっかり

「熱の貯金」をしています

今朝は南区は当新田の某所

現場打ち合わせです

 

午前10時の時間帯ですが

これだけの日射が入って来ています

南側の窓から1㎡あたり

約700w程度の熱が取得出来ます

こちらの打ち合わせ現場では

南側窓が約9㎡ありますから

6300wの熱の取得が可能です

 

ハロゲンヒーター何台分になります?

 

「窓はストーブ」良く言ったものです

 

しかし!!気を付けないと

夏も同じことになりますからね・・・

場所を移して瀬戸内市邑久町現場

同じく現場打ち合わせです

 

先ほどの現場と同じく

廻りに日射を遮る物が無いので

こちらも日当たり抜群ですね

午後3時の室内の様子です

厳冬期と云えば1月下旬から2月上旬

 

その際の太陽高度が

ちょうど今時分と似通っています

よって最も寒い時期の日射取得の様子が

まさにこの状態です

 

我々の暮らしが

どれだけ太陽の影響を受けているのかが

良くわかる状況ですね

 

冬の太陽高度は

冬至を基準に考えるのは間違いです

 

よって冬至に合わせて

軒や庇の出を決めると

冬、寒~い家になってしまいますよ

パッシブデザインは

その地の最適解を追求する設計手法

 

「窓なんかどーでもイイや」

「太陽は関係ない」って方は

残念ながら機械設備に頼って下さい

 

エネルギーは沢山必要ですけど

それなりに快適に暮らせる・・・かも?

 

貴方なら・・・どちらを選びますか?

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」