省エネ=快適

「おおっ~」って

思わず聞こえてきそう

 

ショールーム初来場の

Oさまとの打ち合わせです

 

プランクローズ後の

インテリア打ち合わせですが・・・

実はOさまの息子さん

超メカ好き

キッチンではソフトクローズや

食洗器にIHクッキングヒーター等に

釘付け

 

システムバスでは排水孔・・・?

 

家でも様々な機械を分解しては

組み立てたりと・・・

 

我々業界にとっては

将来が非常に楽しみな逸材?です

今現在巷で良く聞くのが

 

若い社会人の人達を

「ゆとりちゃん」とか

「平成産まれ」とか

 

あまり良い意味では

使われていないように思えます

確かに弊社にも若いスタッフが居て

世代間ギャップは

もちろん感じています

 

最初はかなり戸惑いましたが

最近になってやっと理解出来ました

 

所謂それらは全て教育であって

 

我々もその時々で

「今の若いものは・・・」って

云われてたはず

国を操縦するのには

画一的な教育が必要で

 

単にその教育を受けただけの事で

 

決して個性を押さえつけたり

個性を無くすような教育を

受けた訳では無いでしょうにね・・・

 

なのでたまにこうした

好奇心旺盛な子供たちを見ると

 

何だか嬉しくなります

 

私も聞くところによると

子供の時はかなり変わった「子」

だったようです

 

いずれにせよ

未来の日本を担う子供達です

 

大切に育てたいものですね

午後からはインテリアクローズ後の

金額確認のお客さまのご来社です(感謝)

 

このように

省エネの家をつくる事は

未来の子供たちの為になります

 

何故なら

なるべく環境に負荷を掛けないで

家を建て暮らして頂けるからです

 

快適=機械設備ではなく

省エネ=快適なのです

 

快適ばかりを追求すると

快適=機械設備=増エネに

なってしまう事にもなります

 

それでは・・・

未来の子供たちの為には

なりませんよね

 

限りある資源です

 

これからも

未来に誇れる家づくりを

更に追及して行きたいと思います

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」