2018年 上棟納め

天気に翻弄されましたが

強行突破が良い方に働きましたね

依然・・・空模様は怪しいですが

本日おめでたく2018年最後の上棟です(祝)

中区は倉益Kさま邸

奥さまの要望で

南側に大開口を設けた

パッシブデザイン住宅

日射熱取得率η(イータ)値も

2.5超えの最強デザインです

実は最近になって

2020年の省エネ基準義務化が

申請ベースでは無くて・・・

 

建築士によるお客さまへの

説明義務で決まりそうです

原因は・・・

現在建てられてる住宅の

省エネ基準率が半分程度だから・・・

 

要は半分しか

省エネ基準に適合してないから

全棟強制にすると・・・・

 

世の中に混乱が起きるから・・・だそうです

でも、良い方に考えれば

建築士の説明義務がある訳だから

 

まさか「嘘」は伝えないだろうし

 

まさか「計算無し」では報告しないはず

 

担当建築士の良心に期待します

そんな情けない住宅業界ですが

我々はそんな事は意に介せず

「超省エネ住宅」をつくり続ければ良い事

それが家を建てる

お客さまの為になるし

 

未来の子供達にも

正々堂々と顔向けが出来る

 

後ろめたくない

社会貢献事業だと思うからです

しかもこの度の2020年

省エネ基準義務化・・・

 

年間150棟以上を建てる

トップランナーの業者には

 

予告通り

申請時からの義務化が適応されます

 

これって・・・省エネについて云えば

 

建売住宅>注文住宅

 

って事にも成りかねません

今現在弊社の手掛ける建物は

2050年基準を見越してつくられています

 

それらの住宅が果たして

良いのか?悪いのか?・・・は

 

今後結果が間違いなく

現実のものになります

 

皆さんは

どのレベルの家を目指しますか?

 

最後に・・・

 

お施主さまのKさまにおかれましては

大工さん達に志まで頂戴し

 

2018年の納めにふさわしい上棟となり

本当にありがとうございました(感謝)

 

引き続き

宜しくお願いします

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」