ホントに最後

ドヤ顔の尾坂棟梁

 

それもその筈

 

本年最後の「気密測定」

 

最終の美と云う事で

素晴らしい数値が出ましたよ

南区は浦安に建築中のKさま邸

 

十数区画の分譲地の住宅群において

気密測定を行う建物が幾つあるのか?

 

ですが・・・

 

見渡す限りでは

3~4棟程度ではないでしょうか?

気密測定は・・・

 

その建物において

どのくらいの隙間が空いているのかを

測定する唯一の方法です

 

建物の隙間・・・?って

思われた方も

いらっしゃるかも知れませんが

 

隙間があったら

冬だと外の冷気が進入して寒いし

夏だと熱気が入ってきて暑いし

 

どなたでも

家には隙間がない方が

良いのはお分かり頂けると思います

それでも今現在はまぁマシになってきて

 

一般的な家で20センチ角~30センチ角の

穴が空いています・・・

 

なので今 冬ですから

 

常に窓が少し開いている状態で

過ごしていると云う訳です・・・

 

そりゃ・・・寒いはずですよね

高気密住宅の定義はありませんが

 

こちらも一般的には

隙間が10センチ角位から

小さくなれば

 

高気密住宅って云っても良い?

・・・らしい

 

そんな隙間を

この度のドヤ顔棟梁は

約3.8センチ角にまで

少なくした事になります

 

こうした隙間を少なくする作業は

大工さんの腕にかかっています

 

皆さんもこれからお建てになる住まいの

「気密測定」はしないよりは

してもらった方が良いと思いますよ

この度の測定結果

 

相当隙間面積C値(c㎡/㎡)=0.13と

なりました(ノ^∀^)ノ☆パチパチパチ

 

尾坂ドヤ顔棟梁ありがとうございました

さて現場は変わり

先日本年最後の上棟をご紹介しましたが

 

モトイ!

住宅での最後の上棟に改めます

 

何故なら昨日がホントの最後の上棟

 

OBさま宅のガレージを棟上げしましたよ

一般的なアルミのカーポートでは

似つかわしくありませんし

 

せっかくのパッシブデザイン

 

日射を考慮した計画にしたいが為に

 

お施主さまと念入りに打ち合わせて

今日のこの日を迎えました

我々の優先順位は

 

1が家で2がお施主さま・・・

 

3が庭で4が無くて・・・

最後の5がカーポート

 

もちろん車が好きで

車を大事にされている方も

居るでしょう

 

でもそこは譲れないのです

 

一生住まう「家」です

 

我々プロの提案も・・・

悪くないと思いますよ

 

最後に!!

 

明日で本年の業務を終了します

云わば・・・明日は大掃除

 

寒くなりそうですが・・・

ガンバロ~

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」