プレゼンは心?

明日のプレゼンを控えた

ファーストプラン

もちろん基本設計は私が行いますが

 

これらのプレゼンは全て弊社スタッフ

設計チームが力を合わせてつくりこみます

現在・・・お馴染みの

クセの強い神﨑を筆頭に

女性スタッフ2名でチーム編成されています

3DCAD(スリーディキャド)全盛で

巷ではAIなどが勢力を増してますが

 

それら機器を操るのは今の時代でも人間・・・

 

使い方一つで

全く異なった結果にもなりかねませんよね

今日はそんな弊社が使用するCADの

開発販売元の福井コンピューターさんが

わざわざ東京からやって来ました

 

実は私が勤める

「全国SW会性能向上委員会」も

以前から大変お世話になっていて

 

今日はそうした来年度の

活動計画の下打ち合わせを行いました

そこで・・・ついでにちょっとだけ

操作レクチャーをタダ働きしてもらったり・・・

 

こういうのを職権乱用?と云いますが

ご了承を・・・

 

さてそのプレゼンですが

 

弊社のプレゼンはもちろん

パッシブ設計ルールに基づいて

作成されています

自然の摂理を最大限に生かし

それに逆らわないことが

快適且つ省エネを実現する最も優れた方法

 

よって周辺建物の日影の確認は必須です

 

計画敷地に対する日影の状況で

リビングの位置が必然的に決まり

 

その他の部屋配置もそれらにそって

必然的に決まって行くのです

・・・よく

「お客さまの要望通りに

プランをつくります!」

って云う業者がいますが・・・

 

プロなのに・・・

家について知識のない

お客さまの云う通りにプランして

ホントに大丈夫?って思いません

後・・・家は建ててから

 

今現在日本の平均寿命が83歳を超えた事から

35歳で建てても50年近くは使うものです

 

決して一時の流行や気まぐれで

簡単に決めないほうが良いと思うのですが・・・

いかがでしょう?

 

さぁ明日がプレゼン本番ですが

いつの瞬間もプレゼンは気持ちを込めて

200%で行います

 

プレゼンはプロとしての

的確な提案と・・・心

 

お忘れなく

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」