プロデュースby近藤?

お引渡し後1年を経過したTさま邸

 

本日雑誌掲載の為の取材です

実はTさま邸・・・完成後1年間

ショーハウスとして活躍した

当時の私のプロデュースした珠玉の一邸

勿論皆さんの実邸はその時々の

最高パワーを込めてつくっています

 

しかし実際は・・・

 

コストの面で「無駄な事」や「遊び」は

極力控えざるを得ません・・・

でも皆さんの要望を

全く取り入れずにつくると・・・

 

デザインや機能面でも

それはそれで面白い住まいが出来上がります

こちらのTさま邸は

まさにそんな「デザイン」や

「遊び心」満載の一邸として

仕上がっています

 

一年経過後も

当時と全く変わらず

使っていただいている様子に

 

なんだか懐かしさや

当時の事が思い出されて

感慨深いものがありました

今回の取材は

6月ごろに発売される住宅雑誌の

 

「昼と夜の顔を持つ住まい」(仮題)

と云う事で紹介される予定です

 

勿論取材に応じて頂いたお施主さまは

弊社の「アンバサダー」

「アンバサダー」とは?

本年より始めた弊社の「親善大使制度」

 

所謂「アンバサダー」契約のお客さまで

早速のお願いをした訳です

 

そしてもう一つ・・・

Tさま邸は学研の「ひみつ」シリーズ本

 

「ゼロ・エネルギー住宅のひみつ」にも

掲載されています

何故か・・・

Tさまのご依頼でサインをする私・・・

 

サイン・・・考えときゃ良かったと

おかしな思いも脳裏をよぎり

一人で苦笑い

内と外をあいまいに仕切った

パッシブデザインの住まいですが

 

夜になり

プライベートな時間帯になると

きちんと内に閉じるよう工夫しています

 

室内の照明の配灯計画も

プライベートと家族のだんらんを

絶妙にバランスをとっています

プラン当時の狙いと思惑が

その通りに形になり

 

そして今現在

私の思いを引き継いで

暮らして頂いているTさま

 

インタビューの内容からも

そんな思いがひしひしと伝わり

大変ありがたい思いになりました

 

今後とも

住むほどにお喜びいただけるよう

益々精進して参ります

 

Tさま本日

大変ありがとうございました(感謝)

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」