家族の器・・・

長年・・・住宅業に携わっていると

様々な経験ができます

 

本日はお施主さまが聖職の方で

家を建てる際は「地鎮祭」ではなくて

 

「起工式」と云い、工事の無事安全と

ご家族様の幸せを祈る式典を行いました

日本では・・・

仏教の方が多いのかもしれませんが

 

私も個人は「神道」でして

神社の神様を敬う立場です

 

このように世界には

様々な宗派がありますが

 

本日「起工式」に立ち会い

そんな宗派の垣根を越えた

何かがあるような気がしました

まぁ・・・

私ごときが云う事ではありませんが

 

いずれも家族の幸せと

世界の平和を祈ってる訳で

 

よくよく考えれば

気持ちの問題ではないかと

・・・そう思ったのであります

最後にお粗末ですが

私のご挨拶の時間まで頂戴し

 

大変胸に刺さり心にしみる

素晴らしい「起工式」となりました

 

我々もお施主さまとご家族の幸せを願い

工事を進めていこうと改めて誓ったのです

 

NさまHさま本日大変おめでとうございました

さて、ところ変わって

久しぶりの現場・・・

 

お施主様との打ち合わせに

訪れた現場ですが・・・

 

ちょうどタイミングよく

造作建具の搬入が始まりました

お施主さまのご要望で

弊社でデザインした造作扉

 

なかなか良い感じに

出来上がりましたよ

 

制作方法や材質は???

少々秘密にはしておきたいのですが

 

いずれも過去の経験実績から

割とアナログ的な手法で制作しています

日射や照明が当たれば

尚更美しくなるであろう造作建具

 

2世帯の住まいなので今回は

玄関からの東と西へのそれぞれの

リビングへのアプローチ扉に

採用しています

 

こりゃ・・・完成が楽しみですね~

さて今日は「家族の器」と題して

お送りしています・・・

 

そこで・・・・

「起工式」も祝い事ですが

 

実は孫3号4号の

4回目のおめでたでもあります

未熟児で生まれて

保育器で育った彼女たちも

はや4歳・・・

 

一卵性なのでよ~く見ないと

どっちがどっちか

皆さんには分からないかも?

不思議な事に

洋服などは同じデザインを好みますが

色柄は意外に個性を主張します

 

よって今回のケーキもそうですが

プレゼントもバラバラ・・・

でも4歳と云えども

すでに・・・れっきとしたレディ

 

ジィジの私にも気は使ってくれますが

時々ハンマーパンチが飛んできます

言葉の暴力・・・

所謂パワハラを受けています

 

女子は・・・コワイ

 

このように祝い事に携わるたびに

 

「家族の器」をつくる仕事に就けて

良かったな~と・・・しみじみ思います

 

今後もより良い

「家族の器」をつくり続けます!!

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」