第29回chlおかやま定例会

come HOUSE-laboおかやま

略して・・・chlおかやま

 

より良い住まいを建てる為

中四国のスーパー工務店が結集し

日々研鑽している「研究室」

今日は月一回の定例会で

弊社の「LCCM住宅」を見ながらの

勉強に研究です

ここ最近の政府の住宅施策は

「省エネ基準義務化」が廃案になったことで

 

どうやら「建物そのものの性能」より

「建物に付随する機械設備」に

寄ったものが増えてきてるように思えます

「穴の開いた器」と「穴の開いて無い器」

 

いずれも水を溜めようと思えば

・・・どうやったら水が溜まりますか?

当然「穴の開いた器」では

穴を塞ぐだろうし・・・

 

「穴の開いて無い器」では

沢山の「水」は・・・必要ありませんよね

我々chlメンバーは高いスキルを持ち

「穴の開いて無い家」を

つくり続けていますが・・・

 

それでも機械設備に寄った

国の政策に逆らう必要はなく

 

LCCMやIoT住宅などの「先導モデル」も

習得し実践する必要はあると考えます

なので日々こうして

立ち止まることなく

 

「研究」に「研究」を

積み重ねている訳なのです

でも忘れてはなりません・・・

 

あくまでも皆さんが建てる家

そして先導的モデルの家は

 

「穴の開いて無い器」の家

でないと行けません・・・

 

そこのところは・・・

幾ら先導モデルでも

ブレてはいけないのであります

さて・・・

現場見学の後は

パッシブデザインスタジオに戻り

座学の始まりです

ここ1年

持ち回りで行って来ました

各会社の活動事例発表も

本日のネクサスアーキテクト代表

中藤社長の発表を最後に一巡しました

 

非常に希少な実例だったので

興味深く拝聴させて頂きました(感謝)

このように

一つの工法や集まり団体に固執することなく

 

多様性を知る事や沢山の知識を得る事で

見えてくるものも有る訳で・・・

 

chlおかやま・・・

より良い住まいを建てるための「研究室」

 

今後も更なる知識習得の為に続けて参ります

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」