現場便り・・・

最近ご紹介する内容が多くて・・・

 

久しぶりですが、溜まってました

「現場からの便り」をご紹介します

まずは先日行われた上棟・・・

ご近所様の津島西坂にて

弊社ではちょっと珍しい

「洋館建て」のおかやま暖涼の家です

出窓部分がRになっているのが

おわかりでしょうか?

 

最近では四角な出窓も珍しいですが

まぁるくなった出窓は尚・・・珍しい

ニュートラルスタイル・・・

何物にも染まらない

中間デザインが弊社の特徴ですが

 

今回は「洋館建て」とあって

屋根もとんがり屋根で大工さんたちも

四苦八苦・・・

屋根の上で作業出来る勾配の

限界まで急にしてますので

雰囲気は出ますが・・・

現場の作業は大変そうで

申し訳ありません

それでも夕方にはご覧のように

良い感じに出来上がりましたよ

洋風だ和風だとか日本の家は

やたらそのスタイルにこだわりますが

 

住宅は基本性能さえしっかりしていれば

スタイルやカテゴリーは建てる方の自由

 

差別化できる範疇では無いのですがね

さて、現場は変わり

赤磐市に建つIoTのおかやま暖涼の家

IoTとは?

Internet of Things

インターネット経由で

いろんなものがつながるの意味

おそらく今後はこうしたIoT住宅が

当たり前化して行く事になると思われ

いち早く取り組んではいますが・・・

 

それでも大切なのは家の基本性能

よって早速「気密測定」の開始です

実際測定してみないと分からない

現場の施工精度を測る「数値」ですが

 

社内基準を「0.3以下」と定めた

「おかやま暖涼の家」はある程度読みが

できるまでになりました

今回の測定結果は・・・

「0.19」(ノ^∀^)ノ☆パチパチパチ

見事な数値を出すことが出来ました

 

社内基準0.3以下は

窓の設計に寄るところが大きく

 

窓設計を誤るとC値はおろか

パッシブデザインの肝である

η値にも悪影響が出ます

パッシブデザインを語る上で

欠かせない「気密測定」

 

いずれにせよ基本性能は

バランスが大事だと云う事です

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」