四国行脚・・・

四国霊場八十八か所巡り・・・

所謂お遍路さんですね

その一番札所のある「徳島」に

行って参りました

もちろんお遍路さんでは無く

中四国SW会の同士であり

大先輩の徳島は岡田住建さん

倉庫や店舗までSW工法で建てる

創業以来

スーパーウォールの家しか

建てた事が無いと云う

超スーパーウォール愛の会社さんです

昼食は・・・

地元の岡田社長のおすすめ

徳島ラーメン十三八(とみや)

めちゃくちゃ~旨かった

そのあとは同じく徳島は阿波市へ移動

同じく同士の敬(たかし)工務店さんへ

弊社も国土交通省の

サステナブル先導事業で

岡山で初のLCCM住宅を建てましたが

こちら徳島での初LCCM住宅は

ZEH協議会の採択物件なので

より高度なレベルでつくられている

正真正銘のLCCM住宅

しかもLCCM+IoTと

その最先端性に一同驚愕

 

中四国代表幹事の

米子の小田原社長も同行で

その技術をレクチャーして頂きました

実は敬工務店の松永専務は

私の勤める全国性能向上委員会の

中四国ブロックは徳島の

委員をお願いしている人物

そのレベルの高さと取り組みに

時を忘れて勉強させて頂きました

窓センサーに

V2H(ブイツーエッチ)

※今日は詳しく説明しませんが・・・

データ取得が難しい

屋外温湿度センサー

CASBEE評価にBELSに

こちらも業界で知る人ぞ知る

エネルギーシミュレーションBEST評価と

とにかく業界外の方にとっては

ちんぷんかんぷんの内容だと

思われます

今後はこうした先導モデルでは

AIにより温湿度管理やエネルギー管理をし

それらを計測蓄積し

今後の未来の家に備えるのあります

ずいぶん未来の話だと

お思いでしょうが・・・

決してそうでは無いと云う事を

是非覚えておいて下さいませ

確かにこのように未来の家は

人口減に伴う人よりもAIに頼ったり

機械設備寄りになるかも知れません

が、あくまでも住まうのは人であって

尚且つ

「断熱・気密・耐震」性能を高いところで

バランス良く備えた家がベースになります

 

時代は進めど

大事なのは「人」「知識」「技術力」

お忘れないように・・・

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」