メモリアル・・・

中区は高屋某所・・・絶賛建築中

先日から話題のIoT住宅

 

此方も「IoTおかやま暖涼の家」として

現在進行中です

そんな話題の現場ですが

今日は大工さん達と打ち合わせです

 

実は時々ですが

お施主様からの支給品を用い

現場で納めることがあり

 

こうして現場にて

納まりを打ち合わせする事があります

支給品はこちら・・・

そうなんです・・・ステンドグラス

 

ご存知のようにステンドグラスは

着色ガラスを組み合わせて

H型の鉛のリムで挟んで

組み合わせて製作しますから・・・

 

同じものが二つと無く

どんなステンドグラスでも

唯一無二の世界に一つだけの

オリジナル品となります

よってその価値は

製作される際の意図やその製作過程にあり

 

価格も決めれませんし価値は無限です

 

例えば・・・

他人にとっては価値が無くても

当事者にとっては

かけがえのないものとなるのです

この度のステンドグラスは

お施主様の亡きお婆さまの手掛けたグラスで

 

お婆さまとの思い出や

お婆さまの想いが詰まった

それこそかけがえのない一品

 

どのようにどこに使うかから始まり

当然ステンドグラスですから

光を通さないと行けない訳で・・・

一つは部屋間の壁に収め

自然光で彩り

 

もう一つはニッチと組み合わせ

背面に間接照明を埋め込み

人工的に彩る事になりました

いずれもおさまりが難しい箇所で

尚且つ、世界に一つだけのグラスとあって

大工さん達もヒヤヒヤものです

 

でも取付収められたステンドグラスは

お施主さまの新しい暮らしと共に

再び輝きを取り戻す事でしょう

 

家づくりはメモリアル・・・ですね

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」