機能・構造

社長のひとりごと

健康な暮らしには住環境の改善がとても重要です。 <ウェルネスZEH>

温度差の解消が住環境を改善するポイント 温度差の解消が住環境を改善するポイント

断熱性が高い住宅は、健康に良い影響を与えることがある調査でわかってきました。
新築戸建てに転居した人への調査では、健康状態の改善率が、断熱グレードに比例して高くなることが示されました。高断熱住宅は家中の温度差が少なく、ヒートショックや熱中症の危険を減らすことは知られていますが、健康を害する諸症状が出なくなったという割合が多いことがわかりました。

つまり断熱性の高い家を建てることが健康の秘訣

家の断熱性を高めることは、各部屋を暖房で暖めるのとは違い、家全体が暖かくなって部屋間の温度差も少なくなります。
また、冬は暖房しない状態における室温も下がりにくいため、外出して家に帰ってきた瞬間、その暖かさの違いが感じられます。

Point01. 家全体を暖かく

高断熱サッシや高性能遮断パネルなどで気密性を高め家の断熱性を高めることは、各部屋を暖房で暖めるのとは違い、家全体が暖かくなって部屋間の温度差も少なくなります。つまり、ヒートショックも緩和されます。
また、冬は暖房しない状態における室温も下がりにくいため、冷え込んだ朝に起きた時や、外出して家に帰ってきた瞬間、その暖かさの違いが感じられます。

Point02. 寒さも暑さも我慢しないパッシブデザイン

「パッシブデザイン」とは、太陽の光や、熱、風といった自然の恵みを上手に採り入れることで、エアコンや設備機器を必要最低限とし健康や安全面を考え、快適に暮らすことを目指した設計のあり方です。

  • ■日差しを遮る 軒・庇をつける
    ブラインド、オーニングを採用する
    落葉樹を植えて日差しをを遮る
    芝生を敷いて照り返しを防止する
    グリーンカーテンを育てる
  • ■日差しを取り入れる 大きな開口部(窓)をつける
    頂側窓等の高窓を取り付ける
  • ■風の通り道を確保する 吹き抜け・高天井で風の通り道をつくる

Point03. 計画的な換気で湿度コントロール

健康を害する原因となるカビやダニ。その増殖につながる結露や湿気を防ぐには、室内の温度と湿度のコントロールが決め手になります。
気密・断熱性の高い家で、より健康的に暮らすには、適切な通風や換気を行うことが大切です。家の中の空気のよどみをなくすことで、カビやダニの増殖を抑えることができ、花粉やハウスダストの滞留による空気の汚染も防ぐことができます。

Point04. 健康のために賢い家づくり

家の断熱性を高めるには、一般住宅と比べると建築コストがかかります。
しかし、断熱化で削減できる冷暖房費や、健康改善効果もあって、医療費の負担軽減にもつながります。家づくりにかける費用をライフサイクルコストでしっかりと考え、賢い家づくりにつなげましょう。

本物の健康住宅をお考えなら、近藤建設興業の<おかやま暖涼の家>
  • ゼロエネルギーで、暮らそう。<パッシブZEH>
  • Forward to 1985 energy life <1985アクション>
  • <本物の健康住宅>

    人生の選択肢を広げ、豊かな暮らしを実現します。

  • さあ、はじめよう!30歳からの家づくり<TRETTIO>