機能・構造

社長のひとりごと

四季を通じて、気持ちよく省エネルギーな暮らしが実現できる<おかやま暖涼の家★パッシブデザイン認証制度/認定事業者取得!・Passive Design(パッシブデザイン)>「冬暖かく、夏涼しく、自然光で明るい」を目指す住まい。

おかやま暖涼の家・Passive Design(パッシブデザイン) 解説図

春と秋の快適な暮らし

春と秋はとても快適な季節。窓を開け放ち、光を入れ、風を通して暮らしたいものです。
当社ではどんな季節にも納戸や廊下以外の部屋には光が入り、いつも風を通すための様々な工夫を行っています。その工夫によって、この季節の心地よさを存分に味わっていただけます。
どの季節、どの時間帯にも家中が明るくなる設計は、実はそれほど簡単なものではありません。太陽の位置を知り、光の性質を知ることによって、はじめてそうした設計が実現できます。
風通しも同じです。たとえば、その地域によって風が吹く方向には偏りがあるのですが、それを知らないでいくら窓を設けても風は家の中に入ってきてはくれないのです。

冬暖かい暮らし

建物中にある熱をしっかり守ること、つまり建物全体の「保温性能」をあげることが何より重要です。そのために壁・天井・床・窓の断熱仕様を考え、一定以上の気密性能を確保します。
次はできるだけたくさんの日射(太陽熱)を採り入れることです。太陽熱で暖められた部屋の心地よさは格別です。さらに蓄熱性を上げることも大きな効果があります。いわゆる高断熱・高気密住宅とパッシブデザインとの最大の違いは、建物の性能向上だけでなく日射や蓄熱のことも考えながら設計に向かうところです。

晴れた日にはお昼前から夕方まで暖房なしで過ごせます。
南面の窓を大きく取ることで太陽からの日射熱がたくさん入り、高い断熱性を確保することでその熱が逃げにくいからです。寒い昼間や夜にリビングやダイニングで暖房しているとき、それ以外の部屋の温度も15℃程度に保たれます。
また朝起きたときのダイニングやキッチンの温度も15℃程度以上になっています(外気温が3℃程度のとき)。薄手のカーディガンを羽織るくらいで、元気よく朝の支度にかかれます。

夏涼しい暮らし

まずはできるだけ夏の強い日差しを室内に入れないことが重要です。ここが不十分だと、どうしてもエアコンに大きく頼る住まいになってしまいます。そのために庇や軒の仕様を考え、日よけ効果の高い装置を窓まわりに設置することがポイントになります。
次は風通しです。敷地に良く吹く風向きがあるかを把握し、建物の中での風の流れを考えながら窓の配置や大きさを決めることが重要です。風通しの善し悪しは、夏だけではなく春や秋といった季節での心地よさも左右します。

とても暑い昼間でも、やさしくエアコンをかけるだけで過ごせます。扇風機を併用すればさらに効果的です。日射を遮る様々な工夫が施されているからです。この工夫が不十分な家では、こうした暮らしは実現できません。
夜に外気温が下がれば、家中の窓を開け放して家の中に溜まった熱を出すことで、驚くほどの涼しさが実現されます。そのためには夏の夜にどこから風がよく吹いてくるかを知らなければなりません。当社ではそうしたこともしっかり把握して、窓の配置や大きさを考えています。

自然光で明るい住まいを実現するには?

たくさん窓を設ければ明るい住まいになるのは当然ですが、そうすると冬には熱が逃げやすく、夏には日差しが入りやすくなってしまいます。採光や外観デザインとのバランスを考えながら、すべての部屋に自然光が入るように、吹き抜けを設けて光を落としたり、欄間や室内ドアから光を通す設計の工夫を検討します。

ぜひ知っておいてほしいこと 以上に書いた内容は、実際にそうした暮らしを体験しないとその意味や価値がわからないと思います。
ただ、こうした暮らしが実現できる住まいと、そうではない住まいのことを想像すれば、その違いは「満足」と「不満」という形で徐々に明確になってきます。実際のところ「暗い」「風が通らない」「寒い」「暑い」ということが、住まいに対する「不満」の多くを占めます。
毎日を元気に快適に過ごすベースをつくるのがこうしたことに十分配慮した設計です。私たちと一緒に、1年を通じて快適に、省エネの暮らしができる住まいを考えていきませんか?

パッシブデザインの5つのポイントへ
  • ゼロエネルギーで、暮らそう。<パッシブZEH>
  • Forward to 1985 energy life <1985アクション>
  • <本物の健康住宅>

    人生の選択肢を広げ、豊かな暮らしを実現します。

  • さあ、はじめよう!30歳からの家づくり<TRETTIO>