パッシブデザイン設計コンペin岡山

引き続き・・・

中四国ブロックSW会

 

昨日と同会場にて

性能向上委員会主催の

「パッシブ設計コンペプレゼン」の開催です👏

性能向上委員会も

私が委員長を務める全国委員会があり

 

中四国ブロックにも島根の小沢工業

小澤さんが仕切る中四国性能向上委員会があり

要は全国SW会員500社津々浦々まで

情報共有の為、組織化されているのであります

 

そうした中、昨年から始まった

パッシブ設計コンペも2回目となり

 

ハイレベルの戦いの中

本年も上位3名による生プレゼンを開催しました

先ずは昨日出来なかった表彰式

 

昨年の優勝者は殿堂入りしましたので

残りの約100社から40名がエントリーし

 

そのパッシブ設計やプレゼンを競い合い

 

見事上位の金、銀、銅のお三方を選出し表彰

その後その3名によるプレゼン発表を行い

 

紙面のみで採点した提出課題も

こうして「生」で聞くと

改めて新しい発見も有

 

非常に有意義なプレゼン大会と相成りました

発表後は・・・

 

中四国委員長と私

それに事務局LIXIL沖田さんを加えての

発表者とのディスカッション

設計プロセスから

プレゼン作成プロセスまでの確認

 

実務と今回のプレゼン作成についての相違など

様々な質問が飛び交います

いずれの皆さんも

甲乙つけがたい素晴らしいプレゼンで

 

「パッシブデザイン設計ルール」に

基づいた基本を押さえた上での

オリジナリティや工夫が聞けて

 

視聴者の皆さんも大変

勉強になった事と思われます

「パッシブデザイン」は

その地域での最適解を追求する

設計手法であり

 

勇逸、機械設備に頼らず

暖冷房負荷を軽減できる省エネ設計技術です

 

機械設備に頼りエネルギー消費を抑えたり

 

エネルギーの消費が多いにも関わらず

再エネ設備でごまかしたり・・・???

 

そうならない為にも

腰を据えて「パッシブデザイン設計」に

真剣に取り組んで頂きたいものです

今回は特別・・・

全国性能向上委員会より東京から

私の指名した副委員長にお越しいただき

 

行く行くの全国コンペに向けての準備として

雰囲気を感じて頂きました

確かに独り歩きを始めた

「パッシブデザイン設計ルール」ですが

 

元々経験と勘だった今までの慣習を

地域性を考慮して定量化し

 

初心者でも取り組めるよう

ルール化したもの・・・

 

本来は・・・

お施主様の暮らしをより良くする為の

設計手法・・・

よって余りにも「囚われ」過ぎて

本文を見失っては本末転倒

 

そこの処を最後に

私からお話しさせて頂き・・・

 

無事

「第2回パッシブデザイン設計コンペ発表会」

終了したのであります

 

引き続きより良い住まいの為に

精進致します

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」