第31回chl岡山おかやま「米谷塾」

沢山の車が泊ってるパッシブデザインスタジオ

すべて工務店・・・同業者さんです

第31回chlおかやま

「米谷設計塾in岡山」第2回開催です👏

パッシブデザインの巨匠

米谷設計の米谷先生を迎えての2回目の設計塾

2か月前の第1回目の振り返りから始まり

改めて工務店が住宅を建てる意味を学びました

その後は我々工務店が苦手としている

「構造」について概要を学びます

その後今回伝えたいこととして

実例を紹介頂きながら学びが続きます

10年前に設計した「大津の家」

周囲を建物に囲まれた住宅街に

琵琶湖疎水沿いに桜並木のある敷地

隣地の建物に影響を受けず

眺望の良い2階にリビングを設けた

2階完結型の住まいです

私もなるべく採用していますが

建物の高さを低く抑え

プロポーションにも気を使います

ご覧のように周辺に配慮し

景色に溶け込んだ建物は美しいですね

10年前の建物とあって

温熱については最近ほどでは無いにしても

その思想取り組みは凄い

マニアックな内容ですが

その後は工務店の好きな?

納まりなど詳細を教えて頂き

大いに盛り上がります

工務店とちゃんとした設計事務所の違いは

その詳細図面の製作に有ります

要は作図する図面の枚数が

圧倒的に違うでしょうし

そのディテール・・・デザインが異なります

 

その良いところが少しでも学べれば

今回の「設計塾」を受講した甲斐が

有ると云うものです

座学の後は

津島京町の弊社の分譲地にて実地の勉強

 

此方の敷地に

今まで学んだ温熱と構造を駆使し

ゾーニングを行います

 

分譲地につきましては

改めてお知らせする事としまして

やっぱり現場に出ると

我々工務店は水を得た魚?

 

皆一応に楽しそうに現地調査が続きます

南側に10階建てのマンションが有りますから

日影についても細心の注意が必要で

 

冬の日射取得は

限られた時間を有効利用する設計が必要

米谷先生を交えて夕刻まで

賑やかにワイワイと

現地調査は続くのであります

 

「米谷設計塾in岡山」第2回

絶賛大好評のうちに・・・終了です

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」