見えないもの?

おかげさまで・・・

先日からプランのご依頼が殺到しています

 

何と!!今月プラン提案が5件控えています

嬉しい悲鳴でして・・・(感謝)

 

さて、そんな「住まいのプラン」ですが

家を建てる皆さんは

何を重要視して決められますか?

やはり・・・

LDKの広さでしょうか?

キッチンやお風呂等の住設でしょうか?

勿論間取り・・・云わば家事動線でしょうか?

デザインや色柄に素材にも

こだわりたいですよね~

 

最近では床暖房に全館冷暖房

気流の無いパネル冷暖も有りますよね~

 

でも・・・何か忘れてはいませんか?

全般的に云えますが・・・

 

この世の中は目に見えるものばかりが

重宝されますが果たしてそうでしょうか?

 

皆さんも身に覚えがあるはず

 

最も身近なものでは・・・例えば空気

約8割が窒素、約2割が酸素ですが

大切だけど・・・見えませんよね~

 

それから「言葉」も

「言霊」って云われるし

 

歌が好きな方は

「音楽」もそうだし・・・

 

次に「心」「気持ち」・・・

ちょっと気恥ずかしいですが「愛情」とか

 

「夫婦愛」「家族愛」・・・

いずれも大事ですが目に見えないのです

「住まい」も同じなんですよ・・・

 

例えば・・・

優れたデザインはそれはそれで

良いと思いますし

デザインは突き詰めるものです

 

でも残念ながら使い勝手の悪い

尖がったデザインは

その内「慣れ」が生じ

 

使い勝手の悪い障害のみ目立ち始め

やがていつかは「飽き」そして

・・・「後悔」が訪れます

 

それでは・・・

「住まいのプラン」は何が大事なのか?

 

皆さんにも改めて真剣に

考えて頂ければ幸いです

 

目に見えるモノばかりが

正しくは無いのです・・・よ

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」