-67%

弊社にて3件目の

LCCM住宅完成お引渡しです

 

くどいですが・・・

LCCM住宅とは?

建設時、居住時、解体撤去時のすべてで

CO2排出量がマイナスになる住宅

 

略すと・・・

ライフサイクルカーボンマイナス住宅の

意です

何故?

それだけのロングスパンで

CO2排出量がマイナスになるのか?

ですが・・・

やはり重要なのは

住宅にとってそもそもの器となる

基本性能の高さ・・・

特に断熱気密の強化が大切で

 

それには国の基準の「Ua値」では無く

実生活性能数値の「Q値」が重要

因みにUa値は0.34とまぁまぁですが

Q値は1.06と中々の高数値です

お引渡し後は

住まい方説明が続きますが・・・

 

性能数値に関しては

ご覧のように公的機関で

BELSも取得しています

何と・・・

エネルギー消費量が

基準に比較して―67%

 

これらがLCCM住宅の

根幹になっている訳です

特に必須項目ではありませんが

 

弊社のお引渡した建物は

生活時の

温湿度実測をさせて頂いています

分電盤にスマートコスモを採用し

エコネットライト計測アダプタから

電波を飛ばし

温湿度計にてデータを蓄積して行きます

同じように電力も

機器により個別に取得し

蓄積出来ます

 

此方はこれからエアコンに取り付ける

アダプター・・・

 

これらを一元管理し

SDカードにメモリさせ

 

一定期間のデータを抜き取り

分析解析し暮らし方改善に

役に立てるのです

温暖化の影響による

異常気象を少しでも抑える為

 

こうした住まいをつくるのが

我々の責務

 

今後とも

LCCM住宅の普及が進む事を

強く希望するのです

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」