間戸・・・?

その昔日本では・・・

 

柱と柱の間にある戸の事を

「間戸」(まど)と呼んでいたそう

 

室内と屋外を緩やかに繋ぐ

そんな役割があったのでしょう

 

ところが昨今は

屋外環境の悪化に伴い

 

閉じて室内だけで

機械設備に依存し暮らす生活が

主流化しつつあります

そんな生活に

断固として反対する住まい設計が

弊社が最も得意とする

「パッシブデザイン」・・・

 

南側の大きな窓

屋外とつながる中間的な間・・・

 

それがまさに現代の

「間戸」ではないでしょうか?

今回LIXILさんから発売された

LWスライディング窓

 

このように開けても閉めても

屋外の風景を切りとり

まるで絵画のように見せる事が出来る

 

それでいて

熱貫流率の大きい枠を極力無くし

 

性能の高いガラス面積を大きくし

高性能を実現

 

これからの次世代窓の登場です

今日はそんな「間戸」を

これから建てる住宅に採用すべく

 

LIXILの面々と販売店さん

ウッディワールドのざきさんと

打ち合わせを行いました

 

そしてもう一つ

初採用になるのが・・・

 

こちらの外付ブラインドEB

弊社のスタジオにお越しいただいた方は

ご存知でしょうが・・・

 

ドイツ製のパッシブブラインドが

取り付けられています

 

採用したのが3年前でしたから

当時は未だ日本製が

製作されていませんでした

 

その後急ピッチで開発がなされ

満を持して本年登場したのが

LIXIL外付ブラインドEBなのです

 

夏涼しく過ごしたいなら

軒や庇の出で日差しを遮るのでは無く

窓の外に日除けをつけるのがベスト

何故なら?・・・

岡山での蒸暑期の太陽は

朝と夕方はかなり低い高度で

窓に差し込みます・・・

 

それにいくらガラスの性能が良くっても

 

可視光線となった日射はガラスを透過し

室内に入り込み

 

日射が当たった床や壁から

やがては熱が発生するのです・・・

 

よって此方の外付ブラインドEBも

これから弊社の建物には

積極的に採用予定です

 

益々暑く成る岡山の「酷暑の夏」

夏涼しく過ごす方法を

真剣に考える時が来たようですね

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」