祝日・・・

皆さんご存知でしょうか?

・・・「体感温度」

 

実際は床の表面温度の影響が

大なのですが

 

床、壁、天井・・・と

室温との平均温度を

ザックリと「体感温度」と云います

例えば冬・・・

 

一般的な家は幾ら室温を高くしても

寒く感じることが有りますよね

 

特に壁際や窓際に居ると

冷気を感じます・・・

これ「コールドドラフト」

 

ズバリ

断熱性能が低い家の特徴なのです

画像で私がアクションしてるのが

実は表面温度の測定

 

パッシブデザインスタジオには

こうした住まいの測定機器が

沢山あります

 

確かに体感には客観的要素より

主観が大半を占めるかもしれません

 

でも温熱測定機器は嘘はつきません

 

今日は午前中

初めて御来社のSさまをお迎えしました(感謝)

 

そんな中で

様々な測定機器が登場するのが

私の初回レクチャー・・・

 

繰り返しますが・・・

機械は嘘をつきません

 

Sさま本日大変ありがとうございました

そして今日は天皇陛下の即位の礼

 

全くノーマークだったので

休日とも知らず今日まで過ごしてました

 

スタッフの出勤が少ないのと

 

お客さまの打ち合わせで終日埋まってたので

 

平日なのに何でかな?・・・と思ってました

そう云う事で・・・

午後からのお客さまは

インテリア打ち合わせ中のWさま

 

本日3回目の打ち合わせとなり

収納や内装建材に壁紙などの仕様決めです

壁紙って一言で言いますが

天井も壁紙?

 

だって・・・

天井紙って云いませんよね

・・・個人的には不思議です

 

語源は恐らく?・・・ですが

同じ色柄を使っても壁と天井では

異なって見える?

 

でも壁も天井も同じ色柄・・・

だから天井紙って云わなくとも

壁紙で良いのでは?的な

ともかくインテリア打ち合わせは続きます

 

皆さんも色柄の選定の際

気を付けたいのは・・・

 

床は上から見下ろす事

壁は立ててみる事

天井は・・・

そんなに見ないので

見上げなくても大丈夫です

 

そしてインテリアのトレンドは

その時々の流行廃れもあり

時代により変化します

 

よってあまり偏ったインテリアは

固定観念を植え付けてしまいますので

要注意

 

思いがけない祝日

お後が宜しいようで・・・

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」