ZEH+の実力・・・

皆さんはZEH+(ゼッチプラス)って

ご存知でしょうか・・・?

 

恐らく業界人でも

知らない人もいるでしょう

 

じゃあ・・・ZEH(ゼッチ)は・・・?

「・・・聞いた事はある」

 

そうですね

ゼロエネルギーハウスの略で

 

国がつくった

一次エネルギー

消費量算定プログラムに

 

設計した家の消費エネルギーに

関する項目を入力すると・・・

 

2015年時の家の数値と

設計した家の数値が両方算出され

 

2015年時の家と比較して

20%以上削減できていれば「ZEH」・・・

 

そして25%以上削減できていると「ZEH+」

と取り決められています

ここ数年でZEH、ZEHと賑やかで

まぁまぁ知名度も上がりましたが

 

ZEH+は・・・

まだまだと云う所でしょうか?

 

それもこれもZEH+は

 

国に計画申請し採択を受けた上で

着工完工し運用する仕組で・・・

 

年がら年中

受け付けている訳では無いからなのです

弊社でも一昨年1件・・・昨年1件と

事業開始後

1年に一つしか採択を頂けず

 

中々公式では建てる事さえ出来ない

希少な家なのです

 

まぁ・・・そんな公式なZEH+は

1年に1件ですが・・・

 

実は弊社の建物は

 

ZEHの1/2のエネルギー消費量が標準

そして太陽光発電搭載100%ですから

 

すでに建てている100%がZEH+なのです

 

今日はそんな公式認定の「ZEH+」の

エネルギー計測の様子をご覧頂いていますが

実力や如何に・・・

前述の室温は無暖房で

リビング21.9℃

相対湿度32%・・・乾燥気味ですが

 

2F寝室19.0℃に相対湿度41%

 

実はこちらのZEH+の邸宅は

第3種換気・・・

 

どうやら湿度においては

外気の影響が否めませんね

 

過乾燥になると

ウィルスが元気になりますから

加湿をしたほうがよさそうですね

エネルギー消費は今月

自給率101%

自家消費率24%

 

自家消費率が少なく自給率が高いは

 

かなり省エネな生活を

心がけていることが伺えます

 

勿論太陽光発電のおかげも有りますが

 

ZEH+は家の性能以外にも

暮らし方にも良い効能があるようですね

さてこちらも本年度の公式「ZEH+」

先日お引渡しを行った総社の御邸宅です

 

お引越しが終わったばかりで

お疲れでお忙しい中ですが・・・

 

公式が故に

実績報告の義務が有りますので

データの計測改修にお邪魔しました

引っ越したばかりとは思えない

整然とした室内です

 

家具が配置され

設計時に

思い描いていたイメージと同じだと

非常に嬉しいですね~

さて、こちらのZEH+の実力は・・・?

 

1月19日の一日のリビングの温湿度データ

気象庁の屋外データと比較すると

 

最低気温-0.3℃

最高気温11.1℃ですから

その実力は本物ですね

 

相対湿度も60%弱あり

やはり全熱交換型1種換気が

役に立っていますね

 

今現在低気圧がやって来て

天気が崩れていますが

 

その際室内も同じく

低気圧になります

 

自律神経の関係で

低気圧が苦手な方は

 

体調を崩す方も

いらっしゃるかも知れません

 

よって是非

換気の種類には気を付けましょう

お次は今月の

回路別エネルギー消費量比較

 

冬の場合は圧倒的に

暖房器具かと思いきや

 

リビングエアコン17%

エコキュート33%

その他が16%と

 

高断熱の住まいの

暖房エネルギーの低さが

ご理解いただけると思います

 

給湯が33%と

暖房の倍程度のエネルギー消費なのと

 

家電や調理機のその他が

16%もある事を考えると

 

今後の省エネな暮らし方が

見えて来るようですね

このように我々は

 

建てた家の

温湿度やエネルギー消費量を

計測分析し考察した上で

 

皆さんの住まいでの

暮らし方を提案しています

 

確かに国の推進する「ZEH+」は

素晴らしい家なのかも知れません・・・

 

でもその暮らしの実際を知らずして

 

基準や定義を決める事は

如何なものでしょう?

 

「ZEH」とか「ZEH+」とかで

踊らされるのでは無く

 

それらに住んでどう暮らすかが

・・・より重要では無いかと

思うのであります・・・

 

「ZEH+」の実力・・・

如何でしたでしょう?

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」