備える!

太平の世と云われ久しいですが・・・

 

そんな油断?に乗じて様々な事柄が

我々人間に降りかかっているようです

 

新型ウィルスもそうですが・・・

 

ご覧頂いてるのが

岡山市のハザードマップ

 

温暖化に伴う異常気象により

想定外の自然災害が予測され

 

本意ではありませんが

それらに備える事が

必要な時代になりました

よって最近の家づくり計画は

それらを踏まえたもので無いといけなく

 

来るべき災害をある程度予測し

認識する事が重要です

 

なので我々建築屋も

それらを学びアドバイスが必要で・・・

 

最近では・・・

公的なハザードマップ以外にも

 

独自に地形や地質を調査したり

色々学んでいる所であります

住まいと云うものは

以前にも増して

 

様々な外的要因に対抗できる

シェルターであり

 

家族を守る最後の砦である訳なので

 

住まいをつくり守る我々の責任も

より重要になったと云う事でしょう

この度お見えのお客さまも

 

3年前の水害の被災地域への建築を

計画されていますから・・・

 

慎重にならざるを得ませんね

 

来るべくリスクに備える

これからの家づくりに必要な事ですね

引き続きご来社のお客さまも

来るべき災害に備える

様々な対策を行っています

 

詳しくはお伝え出来ませんが

例えば水害の際の避難経路・・・

水位や避難するタイミングにも

よりますが・・・

 

これからの住まいは

最悪のケースも考慮し

 

天井裏やバルコニー等に

緊急時の避難経路の確保も

考慮すべく

 

様々なシチュエーションに

対応できようにする事も

 

まんざら・・・

やり過ぎでは無いのかもしれませんね

いずれにせよ

何が起きるか分からない令和時代

 

備えあれば憂い無し・・・

何事も「備え」が大事だと云う事ですね

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」