プレが大事

総社市は地頭に建つ

ゼロエネルギーおかやま暖涼の家

 

手前みそですが・・・

奇麗な現場ですね~

大きな送風機を窓に取り付けて

グォングォン鳴らしてるのは?

・・・そう気密のプレテスト

ご存知の方も多いかと思いますが

弊社の気密性能C値は社内基準で0.3以下と

定められています

 

高いか低いか・・・

良いか悪いかは別として

最善を尽くしている?と云えます

最近ではお施主さまも

そうした気密性能に興味を持って頂き

立ち合いを希望される方も

増えてきました・・・

確かにプレッシャーもありますが

気密測定本番に向けてプレテストを

十二分に行っているのも隠れた努力

 

そうした努力が結果に表れていると

自負しています

 

本番の数値が楽しみです

さて、午後からは

処変わって倉敷市は玉島・・・

 

来月から解体工事にかかる

建て替え現場に

「庭」の様子を見に出かけました

足立美術館・・・までは行きませんが

それでも立派な「庭」でしょう?

 

今は亡きおじい様の

想いのこもった「庭」だそうです

既存建物を解体するにあたり

庭の撤去も必要

 

そこで解体屋さんを交えての

打ち合わせが行われた訳です

関心の無い方は

興味が無いかも知れませんが

旧家と云われる家の庭には

お宝が沢山使われているのですよ

旧家に必ずある縁側のアプローチに

使われているのは沓脱石(クツヌギイシ)

 

屋外と屋内の

境界に使われていた沓摺(クツズリ)

手仕事でノミにより叩いて形成した

家の基礎となるはつりの延石(ノベイシ)等

 

皆さんにとってはただ古い

石達なのかも知れませんが・・・

 

私にとっては「お宝」にしか見えません

 

此方も建て替え工事にあたり

プレ調査・・・

 

何でもプレが重要だと云う事ですね

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」