引き戸の気密・・・

先日来・・・

プレ気密作業を行っていたMさま邸

「気密測定」本番です

お馴染みの気密測定器

ボゥンボゥオンと音を立てて

スタートです

外観写真から見て取れるように

・・・玄関扉が引き戸

引き戸は日本独自の開口方式で

諸外国には引き戸文化は有りません

島国の日本で出入りの際の

スペース確保の有効手段が

引き戸文化となったのでしょうかね

只・・・ともかく引き戸は

断熱性能と気密性能が構造上劣ります

だからと云って

その利便性を捨ててまで

断熱気密性能を優先する程では

有りません

何故なら・・・

玄関扉のみ断熱気密性能が劣るだけで

それだけで家の全てに

影響を与えるものでは有りませんし

それ以外を完璧にすれば

さほど・・・

家全体の断熱気密性能が悪くなることは

無いからです

因みにJIS等級では

上記のように定められています

まぁJIS等級もユルユルですから

今回の引き戸でも最高等級・・・

そんな気を揉んだ「気密測定結果」は

・・・C値0.22

 

弊社の社内規定が0.3以下なので

余裕でクリアしましたし

 

一般的な「気密測定値」と比較しても

全く問題ありません

担当の山根棟梁も一安心のドヤ顔

 

このように一か所の引き戸の為に

家全体の断熱気密性能が

悪くなる事は有りませんし

 

そこの処はなんでもそうですが

バランスが大事だと云う事

 

引き戸の気密は

引き戸以外で完璧にカバーする

 

引き戸・・・侮るなかれ

 

 

OKAYAMA NEUTRAL PASSIVE

60年続く家