高品質住宅の為に

ご存知の通り

今年に入り全く出張が無くなり

社内研修に力を入れている・・・私です

 

4月に入り新入社員も入った事から

矢継ぎ早に行ってはいますが

 

余り・・・飛ばし過ぎない様

他のスタッフから釘を刺されています

そんな中今日は外部講師を依頼して

住宅の品質確保の為の研修を行いました

 

皆さんもご承知のように

今現在住宅は新築後10年は

保証が付いているのはご存知ですよね

保証部位は

「雨漏り」と「構造上主要な部分」です

 

実は弊社の建物は

プラス10年を付保する事も出来る

高品質な住宅なのですが・・・

 

その分品質も高くなくてはならず

その辺りを徹底的に学ぶ機会となりました

現在のこの瑕疵担保責任は

我々のような零細工務店は第3者保証

 

所謂、保険会社に保証を委託しています

 

でも大手やハウスメーカーは

・・・自社保証

 

所謂資力が確保できるので

保険会社は使っていませんが・・・

 

果たしてどちらが安全だと思えますか?

2008年をピークに

人口減少に陥っている日本・・・

 

人口が減る事による経済活動の縮小が

進むのは目に見えていますよね

 

と、云う事は・・・

 

いかに大手の住宅会社や

ハウスメーカーと云えども

売り上げが減るのは避けられません

 

さて・・・果たしてどちらが

安全でしょうかね

 

どちらとも云えないのでは

ないでしょうかね

ともかく・・・

住宅の品質を知る事は非常に重要

 

今後スタッフ自身で担当する

皆さんの住まいが・・・

 

より良い施工で

より良い住まいになる事を願い

 

勉強は欠かせない訳ですね

 

これからも高品質の住まいの提供の為に

頑張りましょう!!

 

 

OKAYAMA NEUTRAL  PASSIVE

60年続く家