現場へGoGo・・・

先日に引き続き現場打合せが続きます

 

皆さんは必要なものを買う時

なるべく現物を確認して精査し

 

・・・購入しますよね

 

確かに今は

インターネットの時代ですから

 

写真や口コミで

購入を決める事もあるでしょう

でも、どれだけ時代が変わろうが

 

「家」だけは・・・現物はおろか

 

良くて模型や3Dパース・・・

 

悪くて紙面のみで

購入を決めざるを得ませんよね

しかも価格は生涯で最も高価・・・

 

故に納得いくまで検討したいのは

当たり前ですよね

 

ところが現実はどーでしょう?

 

豪華な展示場を見せられて

紙きれ2~3枚で契約させられ

 

その後は右か左かの2択程度で

設備や仕上げにインテリアが決まり

 

生涯の「家」の全てが確定しているのです

確かにブランド力は

絶大かもしれません

 

沢山家をつくれる事も

大切かも知れません

 

が・・・

何かを忘れているようでなりません

 

高齢化が加速し人手は不足し

これから将来待っているのは

 

自宅での健康で過ごせる

充実した老後です

 

その際過ごす「家」です・・・

もう少し慎重に時間を掛けたいものですね

引き続き2軒目の打ち合わせが続きますが

 

云わば現場打合せは紙面での約束事の

現場での再確認作業

 

こうした

イメージが具体になる現場での

打ち合わせ作業は・・・

 

机上の打ち合わせよりも

本来大切かもしれませんね

皆さんも車を購入する際

カタログで選択しても

問題ないかも知れませんが

 

それでも試乗と云う事前確認は

少なからず出来ます

 

短時間では有りますし

あまり意味はないかも知れませんが

 

「家」で云えば宿泊体験でしょうか

どちらも無いよりはマシ?でしょう

そんな不確定要素満載の「家」を

皆さんはあこがれて

購入したくなるのかも知れませんし

 

周りの家を建てた方たちが

その辺りが皆同じ思いである事が

 

不可思議な家づくりを横行させている

原因なのかも知れませんね・・・

念入りに行われる現場打合せですが

 

勿論時間の拘束もある程度

頂戴しています

 

位置に高さに使い勝手・・・

 

「家づくり」ってホント大変な分だけ

楽しいですね~

 

皆さんも現場での確認作業

念入りに行いましょう

 

 

 

OKAYAMA NEUTRAL PASSIVE

60年続く家